今週の丸激ゲストは待望の安田好弘弁護士です

このエントリーを含むはてなブックマーク

marugeki_yasuda.jpg丸激269回(2006年5月24日収録)
私が重大犯罪の被告を弁護しなければならない理由
ゲスト 安田好弘氏(弁護士)

プレビュー

 今週の丸激ではここ近年視聴者からのリクエストが最も多かった安田好弘弁護士をゲストに迎えた。

 今更言を待たないが、安田氏は山口県光市の母子殺害事件の被告や、和歌山カレー事件の林真須美被告、ヒューザーの小嶋進社長など、世間を騒がせた重大事件の被告人の弁護に当たる。世間を騒がせたと言うよりも、マスコミによる激しいバッシングを受けたと言った方がより正確かもしれない。

 また、かつてはオウム真理教の麻原彰晃の主任弁護人を引き受けるも、オウム真理教がサリンを製造していることを知りながら地下鉄サリン事件を防げなかった警察の責任を追及する姿勢を見せると、ほどなく強制執行妨害なる容疑で逮捕(その後一審無罪も、検察が控訴し現在も係争中)されるなどの曰く付きの経歴の持ち主でもある。また、自身は死刑廃止運動の中心的な役割も演じる。

 その安田氏は、世間から凶悪犯扱いされる被告の弁護を引き受ける理由として、「マスコミバッシングによって正当な裁判を受ける機会を与えられていない」ことを理由にあげる。安田氏の厳しい追及によって、新宿西口バス放火事件など、過去に下級審の判決の軽減に成功したケースも多い。

 安田氏はまた、マスコミから極悪人のレッテルを貼られた人間を、正当な裁判もないまま葬ってしまおうとする昨今の風潮を民主主義の危機として、強く危惧する。また、そうした風潮が、近代法の前提たる推定無罪原則からの司法の逸脱を許しているとして、世論に迎合する司法の堕落ぶりも批判する。

 しかし、自分自身が権力からつけ狙われ、また金銭的な報酬も期待できない被告の弁護をなぜ安田氏は引き受け続けるのか。そのエネルギーの源泉はどこにあるのか。安田氏はなぜ死刑制度に強く反対するのか。このように困難で重要な役割を、たった一人の弁護士に背負わせているという事実が、日本の市民社会の何を反映しているのか。安田氏とともに、考えた。

May 27, 2006



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.jimbo.tv/mt4/mt-tb.cgi/271


それにしても4月19日放送の「みのもんたの朝ズバッ!」はひどかった from ヒギのブログ
あそこまで露骨に番組あげての積極的死刑推進論、安田弁護士バッシング、少年犯罪厳罰

May 31, 2006


●安田好弘弁護士のイメージは、マスコミによって操作されている from あっちふら、こっちふら
「最高裁ドタキャン弁護士」――これがマスコミによって刷り込まれた、安田好弘(やすだ・よしひろ)弁護士のイメージだろう。別に法曹界の人脈に詳しくもない僕も、...

June 2, 2006


歴史の必然としての死刑廃止 from ヒギのブログ
「歴史の必然論」というのは合理的議論を強引に打ち切ろうとするときにしばしば濫用さ

June 8, 2006


メディアのバイアスについて from ヒギのブログ
「光市母子殺害事件」同様、少年犯罪に対して被害者遺族が積極的に活動しているケース

June 9, 2006


メディアのバイアスについて from ヒギのブログ
したがってメディアが血祭りにあげるのは、誰もが「こんな悪いやつ」と納得するような

June 10, 2006


懲戒請求は違法なのか? from むぅにぃの駄文戯れ言
【光市・母子惨殺】 橋下弁護士の「弁護団の懲戒請求呼びかけ」で、弁護団が賠償求め提訴へ  痛いニュース(ノ∀`) 懲戒請求のやり方やこれまでの流れはこちら...

August 28, 2007

コメント

投稿者 co2 

私は視覚障害者サッカー(ブラインドサッカー)について少し詳しいのですが、ニュース報道について思うことがあったので書き込みされてもらいます。
TBSのある30分のニュース番組でブラインドサッカーを取り扱っていたのをたまたま見ました。
実は日本代表チームというのがブラインドサッカーにもありまして、今年の11月にアルゼンチンで行われるワールドカップ出場をかけたアジア予選が昨年あり、見事勝ち抜いて出場権を得たのです。
しかし問題なのは、遠征費が足りずに今のままでは出場を辞退しかねない状態にあります。そこで協力団体を中心に費用を集めている段階なのです。
ということもありニュースではそこを取り上げてもらえるのではと期待したのですが、映像では代表メンバーの選考の模様、選手達のコメントはあったのですが遠征費については一言も触れませんでした。
団体の方が説明してくれたところだと、取材申し込みが前日だった為、事情をよく知る事務担当者が出張でその場にいなくしっかりと伝えることができなかったということでした。
団体側もせっかくの機会を不意にしてしまう落ち度がありますが、あえていうと取材する側は”そんなものなんだな”とつくづく思いました。
そこらのブログの情報と同じだということですよね。
他のニュース取材も押して知るべしだなと、今回を通じて”ウブ”な感想かもしれませんが、思った次第です。

May 30, 2006

投稿者 沈思黙考 

安田好弘氏の肉声を初めて聞く機会に恵まれ、その誠実な人柄に心打たれ、涙腺が緩んでしまいました・・・ プリオン説に真摯な疑問を呈し、現行の狂牛病対策に対する憂慮を述べられた福岡伸一氏がゲストの際にも感じましたが、御本人の立ち居振舞いが如実に現れる腰を据えた討論番組は、本当に大切にしてゆきたいものです。

平成15年12月24日宣告
平成10年刑(わ)第3464号 強制執行妨害被告事件
東京地方裁判所刑事第16部《川口政明,早川幸男,内田曉》
被告人 安田好弘
「主文 本件各公訴事実につき,被告人は無罪」
「関係者の取調べに際して捜査官による不当な誘導があったことがうかがわれる」
「本件の捜査及び公判における検察官の立証活動については・・・より根本的で重大な問題があり・・・当裁判所の評価に大きな影響を与えた」
「検察官の態度はアンフェアとの評価を免れない」
http://www.siri.co.jp/~koyanagi/yousi.html
起訴猶予の裁量権を以って、独裁国以上の有罪率を誇る我が国の現状を等閑視された堀田力氏に、公判担当検察官:宇川春彦、事件担当検察官:浦田啓一に対する感想を聞いてみたいものである。
http://www.zorro-me.com/miyazaki4/yasuda/urta2.htm
「この写真は一般の民間でも読める本に公開されていますので、守秘義務に違反しません」

May 30, 2006

投稿者 highi 

4・19テレビ朝日スーパーモーニング

■高村智庸氏のレポート
「殺す気はなかった」母子殺害 被告が一転

   安田弁護士の主張…殺人・強姦致死ではなく傷害致死・死体損壊

   本村洋さんの主張…事件の真実は天国の妻と娘と被告しか知らない。遺族が人生をやり直すためには極刑しかない。


■渡辺典嗣アナ…裁くのは裁判官だが、私は素直に弁護側の主張を受け入れられない。

■鳥越俊太郎氏…弁護士が被告の弁護に最善を尽くすのはしかたない。しかし、私が本村氏の立場だったらやはり許せない。結果的に二人を殺しているわけですから、責任はちゃんと負わなくてはいけない。

■山崎洋子氏…個人的には冤罪が存在する以上死刑制度には賛成できない。しかし、弁護士側の主張、やり方は本村氏の心の傷に塩を塗りこむやり方だ。本村氏が極刑を求めるのは当然。

■紀藤正樹弁護士…弁護士制度としてどのような被告でも誰かが弁護しなければいけない。しかし一番大変な仕事をしている人が批判されるという悪循環がおきている。死刑を認めるか、認めないかはともかく、日本では1年間で大体1000人くらいの人が殺害される。そのうち600人くらいが犯罪者として捕まる。しかし600人全員を死刑にはできない。なぜならそんな国はほとんどないからだ。1年に100人以上を死刑にしている国は中国以外にはない。世界的にみて死刑を廃止している国が趨勢。アメリカや日本のように年に数十人単位で死刑を行っている先進国はほとんどない。そのような状況下で問題は「どこで線引きするか」だ。最高裁の基準では3人以上殺害するとまず死刑。一人だと死刑を宣告しない。二人の場合は「残忍な方法で殺害し、かつその後の事情、死体の損壊等の事情」によっては死刑。「死刑廃止」というと異義はあるのだろうが、ふたたび年に何百人も死刑にする国には戻れない。したがってどこで線引きをするかをわれわれは考えなければならない。

■渡辺典嗣アナ…しかし、被害者のご主人、ゆうかちゃんのお父さんである本村さんは納得行かないと思いますよ。

----------------------------------------
※総論と情緒的各論で判断が食い違う典型例。

※平和主義を唱えていた知識人たちが、戦争擁護論に変節して言った戦前の雰囲気。

※「被害者」や「被害者遺族」が神格化され、その発言に情緒的にシンクロすることによって、論理的矛盾に気がつかない。あるいは気づいても指摘できない雰囲気。そもそも「被害者」と「被害者遺族」とは少しだけ違わないか?同様の拡大解釈をするならば犯人の家族も「被害者」ではないか?


※誤解を避けるために書けば、もし私の妻子が殺されれば、チャンスがあれば犯人を殺すかもしれません。しかし、たとえばその場に私の友人がいれば私を羽交い
絞めにしてとめるでしょう。逆に私の友人に同じことがおこればやはり同じようにとめるでしょう。それはそんなことをしてお前も捕まればつまらないぞ、ということではなく、人の命はたとえ奪われても奪ってはいけないという合意があるからです。本来、メディアや司法が務めるべき役割はこの「友人」の役割であってゴルゴ13ではないはずだと私は考えます。

May 30, 2006

投稿者 沈思黙考 

 『現代と社会システム 第8回 宮台真司氏対談 』視聴しました。
http://gc.sfc.keio.ac.jp/class/2006_23636/slides/08/
取り分け、官僚の質の変化に関する宮台先生のコメントが刺激的(質疑応答(2))でした。 「開成、麻布に代表される私立進学校のトップは、東大ではなく、海外に行く」のは、然もありなん、と承知しておりましたが、
そこから先の帰結を思い描いておりませんでした。
では現在、どんな人間が東大を出て官僚になっているのか?
母校麻布の後輩との会話
宮台先生「お前等さぁ、恵まれた環境にいるんだから怠けてんじゃねぇよ」
後輩諸氏「先輩見て下さいよ。俺等、イケメンでしょう、モテるんですよ、頭がいいんで遊んでいても、早稲田・慶応は楽勝。こいつはOLに食わしてもらってるし、僕もナンパでいい思いをしてるんですが、こんな楽しい生活をつぶしてまで勉強して東大に行くメリットって何ですか?」
宮台先生「・・・。」
 現在、開成・麻布の東大合格者数は最盛期の半分だそうです。トップは海外。楽しい高校生活を送った諸君は、慶応・早稲田ということなんでしょう。努力して勉強し、東大に入って、官僚になることは、彼ら都会のエリート高校生の目標ではなくなってしまっているのが現状だそうです。つまり、現在、東大 ⇒ 官僚コースを粛々と歩んでいるのは、田舎のエリート校出身者(ありていに言うとダサイ奴)らしいのです。努力して官僚になったのに、ダサい奴と思われ、誰にも尊敬されない・・・官僚自身が左様に自覚し始めているそうです。こんな人間ばかりが、政策決定を左右する高級官僚の中に増えていく図は、確かに不気味です。エリートの中で台頭している多様性(東大→官僚 = ダサイ)の広がりに実存を脅かされた官僚を包摂する感度を養っていただきたいと、宮台先生は結んでおります。
 高級官僚の実存問題なんて考えたこともありませんでしたが、教育の難しさを改めて認識した次第です。日本の子供に特有な反抗期の形態なのでしょうか? ダサイ官僚になりたくないと、海外に出たところで、ここではないどこかなんてありませんから・・・遅かれ早かれ自らのダサさ加減に気づくことでしょう。海外に雄飛した面々のその後をフォローした都会のエリートッ子が、官僚の役割の重要性を再認識してくれることを祈らずにはおれません。

June 8, 2006

投稿者 fotosintesi 

みのもんたの死刑論「命は命をもって償うしかない」「死刑は日本独自の文化」+紀藤弁護士
http://www.youtube.com/watch?v=Vro0iUWHv9c

November 5, 2006

投稿者 fotosintesi 

岸井成格の安田好弘弁護士批判
(みのもんたの朝ズバ!2006年4月19日)

http://www.youtube.com/watch?v=7eQ2gI2wRyc

http://video.google.com/videoplay?docid=8545926117826786470

「こういう弁護をやってたら日本の司法制度は崩壊する。この弁護団はそれを狙っているんじゃないか」

November 19, 2006

投稿者 Shinystar 

安田弁護士の人間性を否定するつもりはありませんが、どうしても納得できません。

私の眼には、死刑回避を最大目的とするあまり、事実を歪曲してでも手段を選ばない手順をとられているように見えます。多くの国民から見て大きな違和感があるのではないでしょうか。

安田弁護士は、事実を歪曲していないと天地神明に誓えるでしょうか。もし誓えないとすれば、司法制度の根幹に対する、また被害者、被害者遺族に対する許されざる冒涜行為です。

逆に誓えるというなら、後は裁判所の判断を待つより仕方ありません。とにかく私にはあなたが正しいことをしているとは到底思えないのです。

July 4, 2007

投稿者 eichi 

安田弁護士は正しいことをしている。

検察官は証拠や供述に基づいて犯行を証明しようとし、弁護士は被告の側に立ち、被告の証言に基づいて、検察側に対して反証する。
この方法が、今のところ「事実」に「近づく」一番良い方法なのだ。

上の人の言う「事実」ってなんなんだろうね。検察庁記者クラブからの報道だと思うけど。

July 8, 2007

投稿者 k2-A 

無学な私には難しいことは判りませんが安田弁護士はスゴイ人だと思います。それでも彼の考え方や行動に共感できません。
死刑制度に反対ですが、20~40年で仮釈放が認めれることがある無期懲役の見直しのほうが先に議論すべきです。極論ですが、私が光母子殺人事件の被害者であったら被疑者が無期懲役で仮釈放してきたら、彼を許しません・・・これが素直な気持ち。
安田弁護士が裁判所などの権力立ち向かう旗手とて、もてはやされ大人数の弁護団のうえに君臨している権力者に見えてしまうのは私だけでしょうか?

September 28, 2007

投稿者 k2-A 

無学な私には難しいことは判りませんが安田弁護士はスゴイ人だと思います。それでも彼の考え方や行動に共感できません。
死刑制度に反対ですが、20~40年で仮釈放が認めれることがある無期懲役の見直しのほうが先に議論すべきです。極論ですが、私が光母子殺人事件の被害者であったら被疑者が無期懲役で仮釈放してきたら、彼を許しません・・・これが素直な気持ち。
安田弁護士が裁判所などの権力立ち向かう旗手とて、もてはやされ大人数の弁護団のうえに君臨している権力者に見えてしまうのは私だけでしょうか?

September 28, 2007

コメントしてください

サイン・インを確認しました、 . さん。コメントしてください。 (サイン・アウト)

(いままで、ここでコメントしたとがないときは、コメントを表示する前にこのウェブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)


情報を登録する?



rss 人気ブログランキングへ
神保哲生のTwitterへ
ビデオニュース・ドットコム
マル激!メールマガジン
沖縄の真実、ヤマトの欺瞞 米軍基地と日本外交の軛

RECENT ENTRIES

 10/06 安倍政権はそろそろいい加減にせんか

 02/07 人質の命を救うことを最優先しなければならない 身代金に関する4つの誤謬 ー アダム・ドルニック教授

 12/18 早くも見えてきた特定秘密保護法の「牙」

 09/12 検察は本当にまともな捜査をやったのか

 09/10 TBSラジオで往年の名スタンドオフ松尾雄治さんと、ラグビーW杯特集をやりました

 09/10 東京FMの番組で小出先生と冷温停止について話をしました

 09/01 ヒストリーチャンネルに出演します

 05/19 緊急シンポジウム「原発報道を考える〜メディアは真実を伝えているのか」

 04/30 5金スペシャル・原子力のこれまでとこれからを問う

 04/26 これはジャーナリズムの生き残りをかけた戦いだ
――普通の産業として通用するメディアへ脱皮せよ――

 04/24 「原発は安い」は本当か

 04/17 なぜ「専門家」は信用できないのか

 04/15 Nuclear Crisis in Japan - Tetsuo Jimbo

 04/11 CNN Japanese Journalist Entered Radiation Zone

 04/11 CNN Japanese Journalist Entered Radiation Zone

 04/11 CNN Japanese Journalist Entered Radiation Zone

 04/11 CNN Japanese Journalist Entered Radiation Zone

 04/11 CNN Japanese Journalist Entered Radiation Zone

 04/11 CNN Japanese Journalist Entered Radiation Zone

 04/11 CNN Japanese Journalist Entered Radiation Zone

LINKS

About this site

jimbo.tv はビデオジャーナリスト神保哲生が運営する神保個人のオフィシャルサイトです。
引用、転載などに関する情報は以下を参照してください。
SITE RULES
また、本ブログにお寄せいただいたコメントは、神保が執筆する著作やコラムなどに紹介や引用させていただく場合があります。あらかじめご了承下さい。

rss
Powered by MovableType
ビジネスブログ