狂牛病の原因物質はプリオンではないかもしれない?!

このエントリーを含むはてなブックマーク

marugeki_fukuoka.jpg丸激第259回 [2006年3月17日収録]
もう牛肉を食べても本当に大丈夫なのか
ゲスト:福岡伸一氏(青山学院大学理工学部化学・生命科学科教授)

プレビュー

 今週の丸激は、狂牛病の病原体がプリオンであることがまだ十分証明されたわけではないというお話です。

 プリオン説を最初に唱えたカリフォルニア大学のプルシナー教授が、97年にノーベル賞を受賞して(プリオンの呼称も教授の発明だそうです)、今やプリオンが狂牛病の原因であることが定説であるかのように幅を利かせていますが、実際は人類はまだプリオンのみを抽出することにすら成功していないそうです。ということは、それを他の動物に移植した時に同様の病気が発症しなければならないとする『コッホの病原体三原則』がまだ確認できていないということになります。まだ、プリオン病原体説は仮説の域を出ていないんですね。

 もちろんプリオン及びその周辺物をマウスに注入すると、狂牛病と同様のプリオン病が発症するので、プリオンが何らかの形でこの病気と関わっている可能性は非常に高いと思われるし、またプリオンが集中している特定危険部位を除去することで狂牛病への感染が著しく低減されるのも事実なので、狂牛病がプリオンとまったく無関係であるとは思えない客観的状況は存在します。

 しかし、福岡先生はプリオンが原因ではなく結果である可能性を排除すべきではないと説きます。つまり、プリオンが狂牛病の原因ではなく、何か別の病原体によって狂牛病に罹った結果プリオンが発生するという可能性も考えておいて方がいいというのです。病原体そのものではなく、病原体の足跡である可能性があるというわけです。純粋にプリオンだけを抽出できないということは、プリオンと一緒に別の病原体もマウスに注射してしまっている可能性があります。

 とは言え、まだプリオン以外の、例えばウイルスとかバクテリアなどの病原体が一切見つかっていないので、これはあくまで仮説でしかありませんが、その意味ではプリオンもまだ仮説の域を出ていません。プリオン説を前提に全ての対応を考えるのは危険というか、無謀という感じはします。何せ、ワクチンも特効薬も治療法も無い、一旦罹患すれば、致死率100%の病気なわけですから。

 もしプリオンそのものが病原体でないとすると、病原体がリンパ組織の中をグルグル回ってる可能性が排除できず(プリオンが蓄積する部位はリンパが集中している部位でもある)、その場合は牛の筋肉や血液でさえ安全とは言えなくなります。つまり、SRMさえ除去していれば大丈夫という現在のBSE安全対策は成り立たなくなるとことになります。

 その一方で、延髄閂部にプリオン反応が出た牛は全て焼却処分にするという国際的にはすこぶる批判の多い日本の『全頭検査』が、とても重要ということになってきます。(プリオン足跡説に立てば)あくまで足跡を見た上での判断ということにはなりますが、足跡が見つかった牛は一切食べないことで、仮にプリオンが病原体でなかったとしても、人体に病原体が入ってくる可能性はかなり確率で排除できると考えられるからです。

 これまで私自身も、プリオン病原体説の上に立った上で、「とは言え、まだわらかないことが多いので、予防原則的な措置が必要」との言い方をしてきましたが、今回の丸激ではプリオンの専門家の福岡さんをお招きして、1)プリオンが病原体ではない可能性が排除できない理由、2)だとすると、現在の安全措置は十分なのか、3)問題の本質は何なのか、などについて議論をしました。

 BSE問題や食の安全問題全般を考える上での一つの指針にしていただければ幸いです。ビデオニュース・ドットコムではこれから少し重点的に食の問題を扱っていきたいと考えています。

<関連記事>
<米で三頭目のBSEか>
米農務長官「これは食品安全の問題でない」
「輸入再開の場合20ヶ月以下にとらわれるべきではない」ペン次官
食品安全委は何を評価してきたのか
このまま米国産牛肉の輸入を再開して本当にいいのか

March 19, 2006



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.jimbo.tv/mt4/mt-tb.cgi/251

コメント

投稿者 Che 

僕は数年前まで大学で有機化学の研究をしていました。僕は生物学や医学にはあまり詳しくありませんが、そういった分野に詳しい方とプリオン病原体説について雑談したことがありました。

そのときの結論は、

① 一たんぱく質が、
② 火を通しても変性せずに口から入り、
③ 消化器官で分解もされず、サイズがかなりデカイ分子のままで吸収されて(あるいは分解、吸収、まったく同じ分子に再合成されて)、
④ 血液に解けて運ばれ、
⑤ 血液脳関門を突破して、
⑥ 脳にくっついた後、
⑦ 自己複製する

というような話は学説としてメインストリームではなく、仮説としては面白いが、圧倒的な証拠がない限り信じられないとのことでした。


※僕自身はそれほど詳しくないので、間違っている点がありましたらご指摘ください。

March 26, 2006

投稿者 沈思黙考 

●勝谷誠彦著『ニュースバカ一代』 対談 part3 勝谷誠彦×福岡伸一
米国産牛輸入は国民への裏切りだ! より引用
http://www.amazon.co.jp/%30cb%30e5%30fc%30b9%30d0%30ab%4e00%4ee3/dp/4594051227/sr=8-1/qid=1157193244/ref=sr_1_1/503-0782200-4206340?ie=UTF8&s=gateway
福岡先生) 我々消費者も食の安全についてもっと自覚的になる必要がある。1個のハンバーガーに牛何頭分の肉が入っているか知っていますか?
500頭ですよ。

「薬害ヤコブ訴訟」
ドイツのB・ブラウン社が製造していた、脳外科手術に使用するヒト乾燥硬膜による薬害ヤコブ病。被害発生の予見があったにもかかわらず輸入販売を許可していたとして、国、同社、輸入販売業者を相手取り薬害被害者が起こした損害賠償訴訟。'02年に国が責任を認めて和解。驚くべきことに'87年にはアメリカで使用禁止が徹底されたのに、日本で使用禁止になったのは、アメリカに遅れること10年、'97年のことだった。

「食品安全委員会プリオン専門調査会について」
福岡先生) 日本国民の生殺与奪を握る立場にありながら、その自覚を持っているとは思えない。硬膜移植による薬害ヤコブ訴訟で国側の責任を否定する証言をした人も、プリオン調査会にいるんですからね。その人たちの顔と名前を明示して責任の所在を明らかにし、日本の食の安全を決めるということに対して自覚的になってほしい。

●プリオン専門調査会専門委員名簿
http://www.fsc.go.jp/senmon/prion/p-dai1/prion-iinmeibo.pdf

●2000年12月06日  京都新聞  記録を奪われて 薬害ヤコブ病患者のいま <<2  上田 尚さん 医師だからできる事 より引用
http://www.cjd-net.jp/1PART1/120Yakugai_YakobebyouNi_tuite/122Ittupan_Shinbunkiji/gouseiban12_.htm
厚生省のヤコブ研究班のメンバーだった北本哲之東北大医学部教授が「米国や日本で2、3症例だけだったので、1996年まで硬膜移植が危険と認識できなかった」と証言し、厚生省の責任を否定した。

■我が国では、売学奴・・・
北本哲之・東北大学大学院医学系研究科学専攻教授
http://www.med.tohoku.ac.jp/room/232/japanese.html
をこうして名指しで糾弾できるだけの自由が、
依然として残されていると誇るべきなのでしょう・・・

September 2, 2006

コメントしてください

サイン・インを確認しました、 . さん。コメントしてください。 (サイン・アウト)

(いままで、ここでコメントしたとがないときは、コメントを表示する前にこのウェブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)


情報を登録する?



rss 人気ブログランキングへ
神保哲生のTwitterへ
ビデオニュース・ドットコム
マル激!メールマガジン
沖縄の真実、ヤマトの欺瞞 米軍基地と日本外交の軛

RECENT ENTRIES

 10/06 安倍政権はそろそろいい加減にせんか

 02/07 人質の命を救うことを最優先しなければならない 身代金に関する4つの誤謬 ー アダム・ドルニック教授

 12/18 早くも見えてきた特定秘密保護法の「牙」

 09/12 検察は本当にまともな捜査をやったのか

 09/10 TBSラジオで往年の名スタンドオフ松尾雄治さんと、ラグビーW杯特集をやりました

 09/10 東京FMの番組で小出先生と冷温停止について話をしました

 09/01 ヒストリーチャンネルに出演します

 05/19 緊急シンポジウム「原発報道を考える〜メディアは真実を伝えているのか」

 04/30 5金スペシャル・原子力のこれまでとこれからを問う

 04/26 これはジャーナリズムの生き残りをかけた戦いだ
――普通の産業として通用するメディアへ脱皮せよ――

 04/24 「原発は安い」は本当か

 04/17 なぜ「専門家」は信用できないのか

 04/15 Nuclear Crisis in Japan - Tetsuo Jimbo

 04/11 CNN Japanese Journalist Entered Radiation Zone

 04/11 CNN Japanese Journalist Entered Radiation Zone

 04/11 CNN Japanese Journalist Entered Radiation Zone

 04/11 CNN Japanese Journalist Entered Radiation Zone

 04/11 CNN Japanese Journalist Entered Radiation Zone

 04/11 CNN Japanese Journalist Entered Radiation Zone

 04/11 CNN Japanese Journalist Entered Radiation Zone

LINKS

About this site

jimbo.tv はビデオジャーナリスト神保哲生が運営する神保個人のオフィシャルサイトです。
引用、転載などに関する情報は以下を参照してください。
SITE RULES
また、本ブログにお寄せいただいたコメントは、神保が執筆する著作やコラムなどに紹介や引用させていただく場合があります。あらかじめご了承下さい。

rss
Powered by MovableType
ビジネスブログ