今週の丸激ゲストは「拒否できない日本」の関岡英之さんです

このエントリーを含むはてなブックマーク

marugeki_sekioka.jpg「拒否できない日本」の大ヒットで一躍時の人となった関岡さんは、実は私の小学校の同級生なのです。
今週はその関岡さん(彼をさんづけで呼ぶのもちょっと照れくさい感じがします)を招いて、「なぜ日本は拒否できないのか」をかなり突っ込んで議論しました。

いくら昔の誼とはいえ、ついつい話が盛り上がってしまい、今週は3時間を超える大議論になってしまいました。ご覧になる方はあらかじめ覚悟の方をお願いします。

ただ、関岡さんは活字以外の媒体に出るのは、後にも先にもこれが初めてだということなので、これぞ本邦初公開の動く関岡です。

ビデオニュースの方の日曜の昼の更新を予定しているようです。ご期待下さい。


丸激第257回 [2006年3月3日収録]
なぜ日本は拒否できないのか
ゲスト 関岡英之氏(「拒否できない日本」著者)

番組プレビュー

 建築基準法、独占禁止法、会社法に商法に証券取引法、そして国際会計基準の導入と郵政民営化。いずれも過去10年の間に日本が行ってきた大改革だ。こうした一連の制度改革によって、日本は国の形が大きく変質したと言っていいだろう。しかし、これらの改革のほとんど全てが、実はアメリカ政府が毎年日本に提出している年次改革要望書に記されているものばかりであるという事実を、我々はどう受け止めるべきなのだろうか。

 『拒否できない日本』の著者関岡英之氏は、日本の主要な改革の背後には、ことごとくアメリカ政府とアメリカ企業の意向が働いていると指摘する。そして、アメリカ政府や政府に圧力をかける業界団体は、その事実を公文書やウェッブサイトなどで堂々と公表しているという。
 しかし、アメリカ政府が自分たちにとって都合のいい制度変更を求めること自体は、本来それほど不思議なことではない。問題はなぜ日本がアメリカの要求をことごとく受け入れてしまっているのかだ。
 確かにアメリカの求める改革の中には、より大きな自由や透明度を求めるものも多く、一定の普遍性を持つため、反論しにくい面はある。しかし、その背後にある「小さな政府」や「自由競争至上主義」などの思想は、アングロサクソン固有の特殊な価値に他ならない。それが日本人を幸せにできると考える根拠はどこにも無いと関岡氏は指摘する。
 外圧を利用して国内で優位な立場に立とうとする役人や経済人、学者などはこれまでも時代の節目節目に登場してきた。しかし、現在日本が進めている改革は価値観やライフスタイルの本質的な変質を日本人に迫るものになりつつあるため、その影響は計り知れない。
 日本はこのままアメリカの意に沿う形で国のあり方を変えていって本当にいいのか。一体誰がその手先となっているのか。なぜわれわれはそれを拒絶できないのか。そして、それを受け入れ続けた時、その影響はわれわれにどのような形ではね返ってくるのか。関岡氏とともに、一連の「改革」の本質とその問題点を考えた。

<関岡英之氏プロフィール>
1961年東京生まれ。84年慶応義塾大学法学部卒業後、東京銀行(現・三菱東京UFJ)に入行。99年早稲田大学大学院理工学研究科に入学。01年同修士課程を修了。著書に「拒否できない日本」、「なんじ自身のために泣け」など。

March 4, 2006



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.jimbo.tv/mt4/mt-tb.cgi/245


新宿駅東口前 from 我が儘放談
これぞ真の右翼

March 5, 2006


南極に製氷器は、、、無理か。 from 奥田健次の教育改革ぶろぐろ部
ああ、えらいこっちゃ。 自分は寒いのは得意で、暑いのは苦手。

March 6, 2006


日米規制改革および競争政策イニシアティブに基づく日本国政府への米国政府要望書 from カオナシの空間
Annual Reform Recommendations from the U.S. Government to Japan under the U.S.-J...

March 6, 2006


「拒否できない日本」の誤読 from タカマサのきまぐれ時評
■かなりまえに とりあげたことのある、評論家 永井俊哉氏が、少々まえに関岡英之氏の『拒否できない日本』を書評している。■かなり トンデモな論点の爆発ぶりなので、...

March 6, 2006


拒否できない日本 from lightcyanの空間
建築基準法の改正や半世紀ぶりの商法大改正、公正取引委員会の規制強化、弁護士業の自由化や様々な司法改革…

March 7, 2006


売られても殴られても拒否できない日本 from 奥田健次の教育改革ぶろぐろ部
ほらほら、やっぱり騙されただろう。

March 7, 2006


アメリカって企業の企業による企業のための国だ。 from まなびの途中
この本が売れている理由がわかる気がいたします。 文章から誠実感が漂っています。そして、知ったかぶりではなく、作者自身も 驚きながら「調査」をしている、姿勢が読み...

March 7, 2006


拒否できない日本 from あれこれ随想記 
関岡英之著『拒否できない日本 アメリカの日本改造が進んでいる』文春新書、を読みました。{/book/} 前から気になっていた本でした。 牛肉輸入再開など、アメ...

March 7, 2006


[社会科学]第257回丸激トーク・オン・デマンド from Output Post
「なぜ日本は拒否できないのか」 この回のゲストは『ISBN:4166603760:title』で『年次改革要望書』の存在を世に知らしめた関岡英之氏。氏は丸激の...

March 11, 2006


「混合診療」は公的健康保険の”民営化”の始まり from 雑木帖
 次の数字を見ていただきたい。 ■生命保険料世界シェア(1998年) 日本   28% 3611億ドル アメリカ 27% 3494億ドル イギリス 10% 1...

March 12, 2006


製造業に属して感じること from SHU CHOoo ! ! !
私は現在、いわゆる素材メーカーに属している。製造業の材料を供給しているメーカーだ。東京で暮らしてもうすぐで1年経とうとしている。仕事にも徐々にではあるが慣れてき...

March 20, 2006


拒否できない日本 関岡英之著を読んだ from 僕のつぶやき。 ネットの窓から。
拒否できない日本 アメリカの日本改造が進んでいる文藝春秋このアイテムの詳細を見る この本は米国による日本への内政干渉の実態をに検証した新...

April 7, 2007

コメント

投稿者 KANATA 

TBありがとうございました。
非常に驚きをもって読ませていただいた本です。知っておくべき話であり、赤裸々なアメリカの姿勢について、理解がすすみました。これによって、「大手報道」より流される「構造改革」全般について、全く別の見方ができるようにりました。
また、TB頂いたこと自体、本人としては感激です。無料利用者ですがビデオニュース拝見しております。感激屋なので、早速会員手続きに走ります。

March 7, 2006

投稿者 沈思黙考 

japanhandlers2005 さんのブログ
『ジャパン・ハンドラーズとアメリカ政治情報』
2006年 03月 06日 『それでも、「世界の黒幕」を批判する必要があるのか?陰謀理論モデルの最大の欠点。』
http://amesei.exblog.jp/
を大変興味深く読ませていただいたので、紹介させてください。

> 金銭的に充分な支配者達がまだ金銭を追求するのかは全くの謎です

これは、私が常々感じてきた疑問でもあります。
資本制社会の慣性という側面もあるでしょうが、それ以上に、アメリカの銃規制問題同様、迫害を加えてきた者たちへの恐怖心が大きいのではないか、というのが私の見解ですが、如何でしょうか?
今回、コメントさせていただいたのは、陰謀理論という結論が予め用意された予定調和に対する japanhandlers2005 さんの逡巡に、私自身、深く共感を覚えたからです。愚か者は、寝ても覚めても愚かですが、悪党の場合は、小休止、蜘蛛の糸的善行に至ることが往々にしてありますから。

> リベラル派だった人々が突然右傾化するというのには相当な訳がある

リベラルな民主主義国家は、帝国主義的収奪の賜物であり、現代の奴隷制である南北問題なくして、先進国の成熟は成り立ちません。
先進国の一員である japanhandlers2005 さんの逡巡の正体は、世界の権力者に対する糾弾全てが、ブーメランのように japanhandlers2005 さん御自身に跳ね返ってくることではないでしょうか?
かつての私にとって、正当性の源泉は、競争に勝つことでした。
しかし、宮台真司先生の御著書が契機となって、私の中で価値転倒が起こってしまったのです。先進国の成熟した競争を支えている土台は、後進国から収奪した結果培われたものであり、正当なディールによるものだとは、とても言えないことを気づかされたからです。ネオコンの深い絶望も、同種のジレンマ・・・公共的なコミュニケーションは奴隷制なくして成立しない(ハンナ・アレント)・・・に苦しんだものだと思考します。
japanhandlers2005 さんも、私同様、世界の権力者の行為を責める正当な根拠など、実は何もないのだとお気づきになったのではないでしょうか?
須原一秀著『〈現代の全体〉をとらえる一番大きくて簡単な枠組』の言葉で言えば「自覚なき肯定」です。我々人間にとってみれば「犯罪と利己主義のはびこる自由主義的民主主義国家(=古代ギリシア)の方が、清潔な共同体的理想主義国家よりも、良い」のです。

逆説めいておりますが、私が japanhandlers2005 さんに望むのは、世界の権力者の行為選択の結果引き起こされる波及効果の凄まじさを、これからもどんどんご紹介下さることです。陰謀理論のいかがわしさを自覚された japanhandlers2005 さんによる糾弾の積み重ねが、権力者ならぬ我々自身のいかがわしさをも問わず語りに示してくれるだろうと考えるからです。
宮台真司先生の言葉で結びと致します。
『「辻褄の合わなさ」を自覚的に引き受けつつ「我々」を守る者こそ、存在自体によって「実話」を体現しよう』
http://www.miyadai.com/index.php?itemid=329
俗悪と峻別された純粋な聖性など、視野の狭さを物語る幻想以外の何物でもありません。

March 7, 2006

投稿者 TK(三等車から) 

 王様を「裸だ!」と言った少年のような関岡さんの直裁さに私も感激しました。神保さんや宮台さん始め大マスコミや学者の人たちは事情通になり過ぎて感覚がそうとう麻痺していると思います。専門家ズレしています。今回お3方の議論を見ていてやはりそう思いました。今回で言えば最後の処方箋の出し方にそれがよく現れています。関岡さんの処方箋は「とにかく人々に事実を伝えていく」ですが宮台さんのそれは「伝えても”田吾作”は動かないから別の作戦で」と簡単に省略してしまう。最近まで普通の一般の銀行マンだったからこそ関岡さんには専門家連の誤りが、感覚のズレがよく見えるんだと思います。専門家連からは「田吾作」とか「羊の群れ」とされて事実上エリートのお荷物扱いされている「民」の一人としての感覚を関岡さんは持っている。その違いではないですか。マスコミがちゃんとした情報を入れないからこんな風になるんですよ。「民」一般に高度な分析力などありませんがプロとしてのマスコミによって分析された情報を理解する力ぐらいはありますよ。そういう社会的役割をしっかりと果たして欲しい。
 その点、ビデオニュース社の存在は大変貴重だと思う。が、ともすると専門家の内輪話のようなチマチマとしたところが鼻につくところもあります。専門家連も見ているかも知れないが「民」もしっかりと見ているということを忘れないで欲しいです。私たちを省略しないで頂きたい!神保さん。
 
 

March 11, 2006

投稿者 sollbeans 

「年次改革要望書」がどうたらと今頃になって声を荒げても、という感が否めないが、実際、これまで殆どの人が認識していなかった事に呆れてしまったのも確かな訳で。。。
USIAだとかって東大閥とかと根は一緒なんじゃないですか?
ま、「分割統治」なんかも江戸時代の身分制度なんかで日本人にも既におなじみですよね。

April 10, 2006

コメントしてください

サイン・インを確認しました、 . さん。コメントしてください。 (サイン・アウト)

(いままで、ここでコメントしたとがないときは、コメントを表示する前にこのウェブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)


情報を登録する?



rss 人気ブログランキングへ
神保哲生のTwitterへ
ビデオニュース・ドットコム
マル激!メールマガジン
沖縄の真実、ヤマトの欺瞞 米軍基地と日本外交の軛

RECENT ENTRIES

 10/06 安倍政権はそろそろいい加減にせんか

 02/07 人質の命を救うことを最優先しなければならない 身代金に関する4つの誤謬 ー アダム・ドルニック教授

 12/18 早くも見えてきた特定秘密保護法の「牙」

 09/12 検察は本当にまともな捜査をやったのか

 09/10 TBSラジオで往年の名スタンドオフ松尾雄治さんと、ラグビーW杯特集をやりました

 09/10 東京FMの番組で小出先生と冷温停止について話をしました

 09/01 ヒストリーチャンネルに出演します

 05/19 緊急シンポジウム「原発報道を考える〜メディアは真実を伝えているのか」

 04/30 5金スペシャル・原子力のこれまでとこれからを問う

 04/26 これはジャーナリズムの生き残りをかけた戦いだ
――普通の産業として通用するメディアへ脱皮せよ――

 04/24 「原発は安い」は本当か

 04/17 なぜ「専門家」は信用できないのか

 04/15 Nuclear Crisis in Japan - Tetsuo Jimbo

 04/11 CNN Japanese Journalist Entered Radiation Zone

 04/11 CNN Japanese Journalist Entered Radiation Zone

 04/11 CNN Japanese Journalist Entered Radiation Zone

 04/11 CNN Japanese Journalist Entered Radiation Zone

 04/11 CNN Japanese Journalist Entered Radiation Zone

 04/11 CNN Japanese Journalist Entered Radiation Zone

 04/11 CNN Japanese Journalist Entered Radiation Zone

LINKS

About this site

jimbo.tv はビデオジャーナリスト神保哲生が運営する神保個人のオフィシャルサイトです。
引用、転載などに関する情報は以下を参照してください。
SITE RULES
また、本ブログにお寄せいただいたコメントは、神保が執筆する著作やコラムなどに紹介や引用させていただく場合があります。あらかじめご了承下さい。

rss
Powered by MovableType
ビジネスブログ