JFMのオンザウェイ・ジャーナル『神保哲生のワールド・レポート』を収録

このエントリーを含むはてなブックマーク

JFMのオンザウェイ・ジャーナル『神保哲生のワールド・レポート』を収録しました。

来週の火曜(11月2日)放送分は、その日が、アメリカの中間選挙の投票日当日(この番組の放送時間は火曜の早朝なので、アメリカではまだ投票が始まっていませんが)にあたるので、「オバマ政権はなぜ不人気なのか」について話をしてきました。

また、再来週(11月9日)の放送分では、アメリカの制度を模して導入されたとされる日本の検察審査会と裁判員制度が、アメリカの起訴陪審(大陪審)と小陪審(法廷陪審)とどう違うのかについて話をしました。

ラジオで聴かれる方はいずれも早朝で恐縮ですが、お時間が許せば、おつきあい頂ければ幸いです。また、ラジオでは聴けない方は、少し遅れてボッドキャスティングされるようですので、そちらをお聴きください。

http://www2.jfn.co.jp/owj/

<オンザウェイ・ジャーナルについて>

オンザウェイ・ジャーナルはJFN系列で朝5:30~6:00に放送されているラジオ番組で、私は毎月第一、第二火曜を担当しています。

全国30数局のFM局でネットされているのに、残念ながらキー局のFM東京では流れないそうです。

10月の放送がサイトにあがっていましたので、ご紹介します。
http://site.jfn.co.jp/owjtue/blog/entry/2476
http://site.jfn.co.jp/owjtue/blog/entry/2511

October 27, 2010



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.jimbo.tv/mt4/mt-tb.cgi/721

コメントしてください

サイン・インを確認しました、 . さん。コメントしてください。 (サイン・アウト)

(いままで、ここでコメントしたとがないときは、コメントを表示する前にこのウェブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)


情報を登録する?



rss 人気ブログランキングへ
神保哲生のTwitterへ
ビデオニュース・ドットコム
マル激!メールマガジン
沖縄の真実、ヤマトの欺瞞 米軍基地と日本外交の軛

RECENT ENTRIES

 10/06 安倍政権はそろそろいい加減にせんか

 02/07 人質の命を救うことを最優先しなければならない 身代金に関する4つの誤謬 ー アダム・ドルニック教授

 12/18 早くも見えてきた特定秘密保護法の「牙」

 09/12 検察は本当にまともな捜査をやったのか

 09/10 TBSラジオで往年の名スタンドオフ松尾雄治さんと、ラグビーW杯特集をやりました

 09/10 東京FMの番組で小出先生と冷温停止について話をしました

 09/01 ヒストリーチャンネルに出演します

 05/19 緊急シンポジウム「原発報道を考える〜メディアは真実を伝えているのか」

 04/30 5金スペシャル・原子力のこれまでとこれからを問う

 04/26 これはジャーナリズムの生き残りをかけた戦いだ
――普通の産業として通用するメディアへ脱皮せよ――

 04/24 「原発は安い」は本当か

 04/17 なぜ「専門家」は信用できないのか

 04/15 Nuclear Crisis in Japan - Tetsuo Jimbo

 04/11 CNN Japanese Journalist Entered Radiation Zone

 04/11 CNN Japanese Journalist Entered Radiation Zone

 04/11 CNN Japanese Journalist Entered Radiation Zone

 04/11 CNN Japanese Journalist Entered Radiation Zone

 04/11 CNN Japanese Journalist Entered Radiation Zone

 04/11 CNN Japanese Journalist Entered Radiation Zone

 04/11 CNN Japanese Journalist Entered Radiation Zone

LINKS

About this site

jimbo.tv はビデオジャーナリスト神保哲生が運営する神保個人のオフィシャルサイトです。
引用、転載などに関する情報は以下を参照してください。
SITE RULES
また、本ブログにお寄せいただいたコメントは、神保が執筆する著作やコラムなどに紹介や引用させていただく場合があります。あらかじめご了承下さい。

rss
Powered by MovableType
ビジネスブログ