京都イベント延期 その代わりにニュース23

以前にインフォメーションでご案内した京都イベントが私の都合で延期になってしまいました。すみません。
日時が決定したらあらためてご案内します。
私の都合というのが、実はその日(10月4日)筑紫哲也ニュース23で「食品安全委員会は何を審議してきたのか」を放送することになってしまいました。
お時間がある方はぜひご笑覧ください。

October 1, 2005 | コメント (2) | トラックバック (0)

地球温暖化

CO2さんからの以下のコメントからヒントを頂きました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
CO2さんのコメント
関係ない話題ですが・・
マイケル・クライトンの最新 『 恐怖の存在 』を読みました。
帯のコメントに「地球温暖化は本当に起こっているのか?」 とあるとおり興味深い内容でした。
温暖化は仮説に過ぎず、それに異を唱えることをタブー
としてはいけないんだと主張しています。
さて神保さんどう思われますでしょうか?
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

地球温暖化については、依然としてこれが人間の温室効果ガスに起因するものであるとの説に異論を唱える人がいることはご承知の通りです。ましてや温暖化と台風の関係となると、それを証明することは非常に難しいと思われるので、いくらでもケチをつける余地はあるにちがいありません。

私は科学者ではないので、色々な科学者の意見を聞いた上で、もし地球温暖化が事実だとしたら、これは大変なことになるとの認識を10年くらい前から持ち始め、それがまちがいであることを祈りつつ、この問題を取材してきました。

続きを読む

September 25, 2005 | コメント (14) | トラックバック (2)

果たして小泉純一郎は改革の英雄なのか

 郵政民営化法案の参院採決が今日午後にも行われようとしています。
 否決されれば即解散というのが、ここまでの首相の主張でもあり、またメディアの大方の見方もそうなっているようです。
 否決-解散となれば、自民党は分裂選挙となり、反対票を投じた造反議員は党の公認を得らないため急ごしらえの新党などを作っても、恐らく一部の大物を除き、落選者が続出する。残った小泉党は大勝する可能性が高いが、それでも過半数には届かない可能性が高い。そもそも今から造反議員の選挙区を別の公認候補で埋める時間がない。しかも、都議選から間がないため、選挙準備がまるで整っていない公明党も、かなりの痛手を受けるので、自公合わせても過半数を取れない可能性が高い。(その場合の自公は小泉党の方)
 そうなると自民党は下野するか、もしくは新たな連立を模索するしかない。また、かといって民主党が単独で過半数を取れるとも思えない。小泉党の議員たちはそれなりに善戦する可能性が高いからだ。とはいえ一応選挙に勝利した形になる民主党が、分裂して小泉党との連立話に乗ってくるとは思えない。(もしこれが憲法改正まで視野に入れた連立だとしたら、すごいウルトラCですけど)。
 となると、かなりの可能性で政界は大混乱。新たなガラガラポンが起きる。
 今週の丸激で須田慎一郎と「橋梁談合の深層と郵政国会の接点」を議論したのですが、その議論を通じて見えてきたことは、1)その2つは表裏一体の関係にあること、2)そのターゲットはずばり経世会、もしくは経世会が代表するところの田中角栄型再配分体制そのもの、3)それを壊すことは、小泉純一郎にとっては政策的にも、また過去のルサンチマンを晴らすという目的からも、まさに理に適った行為ということになる、ということでした。

続きを読む

August 8, 2005 | コメント (32) | トラックバック (21)

米で3頭目のBSEか?委員の先生方には心底同情しますが、しかし・・・

どうも3頭目がでちゃったみたいですね。

現状では陽性の疑いということのようですが、これも2例目と同じく4ヶ月も前の話が今になって出てきているようなので、どっちにしてもあまり信頼性の高い話とは言えなさそうです。

実は昨日(27日)BSE関連の参考人招致があったので衆院農水委員会をのぞいてみたんですが、そこで爆弾発言に遭遇。参考人として呼ばれていたプリオン研究では日本で一、二を争う権威の品川森一動物衛生研究所プリオン病研究センター長が、実は昨年12月に同委員会の寺田雅昭委員長に辞表を提出していたことを突然委員会のやりとりの中で明らかにしてしまったのです。

さらに驚いたことに、その時寺田委員長は、「今あなたに辞めると困るから、この先調査会に出なくてもいいから、籍だけは残しておいて欲しい」と言われたので籍は残してあるが、それ以来委員会には出席していないと、品川さんは証言しています。

http://www.asahi.com/special/bse/TKY200507270344.html

実はプリオン調査会は、同調査会座長代理の金子清俊東京医大教授も5月に「国内対策の見直しを利用された責任を痛感している」と述べ、専門委員を辞任する意向を示しています。

品川さんといい、金子さんといい、食品安全が恐らく上からの(もしくは役所側からの)プレッシャーで、無理矢理黒い物を白と言わされることに対し、科学者としての良心の呵責に耐えかねての行動なのではないかと私は思います。黒を白とまで言わなくても、かなり濃いグレーのものを、白であるかのように言わせられかけている。しかも、アメリカが9月までに牛肉の輸入を再開せよと言ってきているので、それまでにそのような結論を出さなければならない。それが現在食品安全委プリオン専門調査会が置かれている立場なのではないか。少なくともこの問題をずっと取材してきた私の目にはそう映ります。

続きを読む

July 28, 2005 | コメント (5) | トラックバック (8)

Page :            10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45  

rss 人気ブログランキングへ
神保哲生のTwitterへ
ビデオニュース・ドットコム
マル激!メールマガジン
沖縄の真実、ヤマトの欺瞞 米軍基地と日本外交の軛

INFORMATION

 09/10 TBSラジオで往年の名スタンドオフ松尾雄治さんと、ラグビーW杯特集をやりました

 09/10 東京FMの番組で小出先生と冷温停止について話をしました

 10/27 JFMのオンザウェイ・ジャーナル『神保哲生のワールド・レポート』を収録

 10/25 マル激トーク・オン・ディマンド500回記念公開生放送イベントのお知らせ

 10/25 今週は朝日ニュースターの「ニュース解説 "眼"」を担当しています

RECENT ENTRIES

 10/06 安倍政権はそろそろいい加減にせんか

 02/07 人質の命を救うことを最優先しなければならない 身代金に関する4つの誤謬 ー アダム・ドルニック教授

 12/18 早くも見えてきた特定秘密保護法の「牙」

 09/12 検察は本当にまともな捜査をやったのか

 09/10 TBSラジオで往年の名スタンドオフ松尾雄治さんと、ラグビーW杯特集をやりました

 09/10 東京FMの番組で小出先生と冷温停止について話をしました

 09/01 ヒストリーチャンネルに出演します

 05/19 緊急シンポジウム「原発報道を考える〜メディアは真実を伝えているのか」

 04/30 5金スペシャル・原子力のこれまでとこれからを問う

 04/26 これはジャーナリズムの生き残りをかけた戦いだ
――普通の産業として通用するメディアへ脱皮せよ――

RECENT COMMENTS

 04/10 偶然日テレ『バンキシャ』で神保哲生さんの取材映像を見ました。...

 03/27 はじめまして 3/20サンデーモーニング出演されませんでし...

 03/21 私は東京都の府中市に住む者ですが、不幸にも、福島第一原発全体...

 03/02 この話題を取り上げてくださり、感謝します。 このニュースを聞...

 05/22 宮崎県の口蹄疫問題を取り上げて下さい。 是非、真実を伝えて下...

 05/13 今週のDigについてここで触れてもいいですか? 佐野眞一さん...

 05/06 口蹄疫の事、マル激でやって下さらないですかねえ? 大変な事に...

 05/02 感想 守屋さんの回は秀逸、やはり前線にいた人の具体的経験談...

 04/26 勉強になりました。こういう報道が何故、地上波で出来ないのだろ...

 04/22 地方からの変革が難しい理由の説明の端緒の一つに成り得ていたら...

RECENT TRACKBACKS

 04/06 原発危機:なぜ2号機ピットから噴き出てる水をバケツで受けない?

 04/05 原発と外国人参政権問題

 04/04 原発危機:高レベル放射性汚染水の海洋への漏出を止める

 04/02 原発危機:福島第一原発水葬までのロードマップ

 03/22 上杉隆が Twitter で紹介していた『ニューヨーカー』の記事を翻訳しました:Evan Osnos, "Aftershocks: A nation bears the unbearable." The New Yorker, March 28, 2011

 02/06 菅政権が叫んでいるTPP

 10/05 小沢一郎強制起訴は民主主義の死滅である。

 09/19 [表現の自由][新聞・マスメディア]新聞の扱いが分かれた鯨肉裁判判決〜知られなければ議論は深まらない

 09/11 アフガンから帰国した常岡氏

 08/05 政治評論家・平野貞夫の詭弁

ARCHIVES

 2015年10月

 2015年2月

 2013年12月

LINKS

About this site

jimbo.tv はビデオジャーナリスト神保哲生が運営する神保個人のオフィシャルサイトです。
引用、転載などに関する情報は以下を参照してください。
SITE RULES
また、本ブログにお寄せいただいたコメントは、神保が執筆する著作やコラムなどに紹介や引用させていただく場合があります。あらかじめご了承下さい。

rss
Powered by MovableType
ビジネスブログ