「メディアも持ち上げた」と小泉首相が堀江氏支援で反論

 報道によると、小泉首相が24日、記者団のインタビュー(定例ぶら下がり)で、自民党が昨年の総選挙でライブドアの堀江貴文前社長を支援したことが批判を受けていることについて、「あのメディアの持ち上げ方、何ですか。自分の持ち上げ方を棚にあげて、改革まで私の責任と批判している」と反論したようですね。

これは驚きました。

確かにメディアは問題なんですよ。大問題なんです。でも、メディアは視聴者や読者、そして市場の制裁を受けるしかない。市場や市民社会はメディアに対してもっともっと厳しい制裁を加える必要があるとは思いますが(今回の逮捕前後の報道を見ていても、全く自省の念はなさそうですし)、いずれにしても、政治家がそれを理由に自分達の政治責任を棚に上げる筋の話ではない。

そもそもメディアはそれで選挙を戦っていないし、有権者に選ばれて、国民の数十兆円規模もの税金の使い方を決定する権限を付託されていない。だから、政治責任を求められるわけではない。

こんなアホくさい反論に対して、どうしてメディアは「確かに私たしも反省すべき点はあったが、しかし(小泉流で言えば)それとこれとは全く話が別」と言えないのでしょうね。やはり前段の「私たちも反省すべき点はあった」がなかなか認められないのでしょうかね。それを言えば、逮捕後の報道ももう少し節度のあるものにせざるを得なくなってしまいますから。


<過去の堀江氏関連の記事>
ホリエモン語録を無料放送中
リバイアサンは暴走していないか
私たちが監視すべきはホリエモンの悪行なのか、それとも・・・
ホリエモンの「テレビはなくなる論」を考える(その2)
今こそホリエモンバッシングに答えよう ライブドア堀江社長との90分
マル激トーク・オン・ディマンド第207回ホリエモンの「テレビは無くなる論」を考える
実はライブドアにとってはニッポン放送だけでも十分(なはず)なんですよ
なぜホリエモンを応援すべきなのか

January 25, 2006 | コメント (3) | トラックバック (4)

ビデオニュース vs オーバーチュアのリポートが明日のニュース23で

これは、私は取材される側だったのですが、明日(25日水曜)のニュース23で、下村健一さんによる日本ビデオニュースとオーバーチュアの紛争に関するリポートが放送されるそうです。

私はインタビューはされましたが、内容については全く知らされていません。逆に知り合いなので、こっちに肩入れをしているかのような批判を招かないためにも、かえって私の側に厳しいものを作ってくるんじゃないかと、ちょっと心配したりもしていますが、まあ、乙部さんを泣かせるくらいの凄腕の持ち主の彼ですから、きっとフェアでいいものを作ってくれるに違いありません。お時間があれば、ぜひのぞいてみてください。

そうです。あの乙部さんの涙のインタビューの主は他ならぬ下村君なのです。

何にしても、こんなマイナーなネタが地上波のニュース番組で流れるっていうだけでも、画期的なことじゃありませんか。ビデオニュースの名前も少しは有名になるかも。

あとは最近毎日のように重大ニュースが起きるので、その場合は多分飛びます。そうならないといいのですが、こればかりは・・・。まあ、重大ニュースが起きれば、私もそっちの方の取材に行けますので、それはそれでよしとするかな。


<関連記事>
ビデオニュースがオーバーチュアを提訴

January 25, 2006 | コメント (6) | トラックバック (2)

Page :            10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45  

rss 人気ブログランキングへ
神保哲生のTwitterへ
ビデオニュース・ドットコム
マル激!メールマガジン
沖縄の真実、ヤマトの欺瞞 米軍基地と日本外交の軛

INFORMATION

 09/10 TBSラジオで往年の名スタンドオフ松尾雄治さんと、ラグビーW杯特集をやりました

 09/10 東京FMの番組で小出先生と冷温停止について話をしました

 10/27 JFMのオンザウェイ・ジャーナル『神保哲生のワールド・レポート』を収録

 10/25 マル激トーク・オン・ディマンド500回記念公開生放送イベントのお知らせ

 10/25 今週は朝日ニュースターの「ニュース解説 "眼"」を担当しています

RECENT ENTRIES

 10/06 安倍政権はそろそろいい加減にせんか

 02/07 人質の命を救うことを最優先しなければならない 身代金に関する4つの誤謬 ー アダム・ドルニック教授

 12/18 早くも見えてきた特定秘密保護法の「牙」

 09/12 検察は本当にまともな捜査をやったのか

 09/10 TBSラジオで往年の名スタンドオフ松尾雄治さんと、ラグビーW杯特集をやりました

 09/10 東京FMの番組で小出先生と冷温停止について話をしました

 09/01 ヒストリーチャンネルに出演します

 05/19 緊急シンポジウム「原発報道を考える〜メディアは真実を伝えているのか」

 04/30 5金スペシャル・原子力のこれまでとこれからを問う

 04/26 これはジャーナリズムの生き残りをかけた戦いだ
――普通の産業として通用するメディアへ脱皮せよ――

RECENT COMMENTS

 04/10 偶然日テレ『バンキシャ』で神保哲生さんの取材映像を見ました。...

 03/27 はじめまして 3/20サンデーモーニング出演されませんでし...

 03/21 私は東京都の府中市に住む者ですが、不幸にも、福島第一原発全体...

 03/02 この話題を取り上げてくださり、感謝します。 このニュースを聞...

 05/22 宮崎県の口蹄疫問題を取り上げて下さい。 是非、真実を伝えて下...

 05/13 今週のDigについてここで触れてもいいですか? 佐野眞一さん...

 05/06 口蹄疫の事、マル激でやって下さらないですかねえ? 大変な事に...

 05/02 感想 守屋さんの回は秀逸、やはり前線にいた人の具体的経験談...

 04/26 勉強になりました。こういう報道が何故、地上波で出来ないのだろ...

 04/22 地方からの変革が難しい理由の説明の端緒の一つに成り得ていたら...

RECENT TRACKBACKS

 04/06 原発危機:なぜ2号機ピットから噴き出てる水をバケツで受けない?

 04/05 原発と外国人参政権問題

 04/04 原発危機:高レベル放射性汚染水の海洋への漏出を止める

 04/02 原発危機:福島第一原発水葬までのロードマップ

 03/22 上杉隆が Twitter で紹介していた『ニューヨーカー』の記事を翻訳しました:Evan Osnos, "Aftershocks: A nation bears the unbearable." The New Yorker, March 28, 2011

 02/06 菅政権が叫んでいるTPP

 10/05 小沢一郎強制起訴は民主主義の死滅である。

 09/19 [表現の自由][新聞・マスメディア]新聞の扱いが分かれた鯨肉裁判判決〜知られなければ議論は深まらない

 09/11 アフガンから帰国した常岡氏

 08/05 政治評論家・平野貞夫の詭弁

ARCHIVES

 2015年10月

 2015年2月

 2013年12月

LINKS

About this site

jimbo.tv はビデオジャーナリスト神保哲生が運営する神保個人のオフィシャルサイトです。
引用、転載などに関する情報は以下を参照してください。
SITE RULES
また、本ブログにお寄せいただいたコメントは、神保が執筆する著作やコラムなどに紹介や引用させていただく場合があります。あらかじめご了承下さい。

rss
Powered by MovableType
ビジネスブログ