アメリカはまだ飼料規制さえ徹底できていない。にもかかわらず輸入再開とは何とも・・・・

この記事を見てもわかるように、アメリカはまだ飼料規制さえ貫徹できてない。にもかかわらず輸入再開とは、トホホ。

これ、つまり飼料規制の抜け穴問題が、アメリカ牛肉問題の本質の一つです。

あとは特定危険部位の除去がアメリカは30ヶ月以上のみで日本向けだけ全部やることに、現場レベルでは無理があること。日本向けはせいぜい5%。5%のためにラインスピードを落とすようなことを、誰も見ていない時に精肉工場がちゃんとやるはずがない。これは精肉工場の日常の労働環境を見れば一目瞭然です。

そして、検査対象が少なすぎて、実際にどの程度狂牛病が発生しているか実態が掴めないこと。もともと年間出荷3500万頭のうち2万5000頭しか検査をしていなかった。しかし、狂牛病が出てそれを35万~40万程度に増やした。それでも1%強。99%は無検査だってこと。しかも、しかし、これも抜き打ちではなく、現場レベルではかなりなあなあ。それをアメリカは、また2万5千程度に戻すという。もう金輪際アメリカで狂牛病が出ることはないでしょう。めでたしめでたし。

その3点セットがあって、尚かつ日本側の原産地表示義務が生肉に限られている以上、この問題から日本の消費者は逃げようがありません。加工品は、ラーメンのスープやカレールー、ブイヨンも全部入ります。

今新聞に出ている査察問題は完全に茶番ですね。典型的なすり替え。それにメディアが協力しているとしか思えません。もしくは本当にそこまで馬鹿かのどっちかです。

工場や施設がどんなに完璧でも、実際の製造過程で約束が守られなければ、何の意味もありません。
もともと1月に背骨が混入してしまった原因が、工場や施設にあったという話は聞いたことがありません。にもかかわらず、延々と施設の査察問題という本質をずらした論点で時間をかせぎ、ほとぼりが冷めた頃になって輸入再開と。

ちょうと2年前の10月23日に、大統領選挙が目前に迫っていたので、両者の主張に大きな隔たり残したまま無理矢理輸入を再開するということ一点のみで合意して、政府はその隔たりを埋める汚れ役を食品安全委員会に押しつけようとした。しかし、食品安全委員会の良識派がそれに反旗を翻したために、そのゴタゴタの収束に1年以上かかった。

でもって、食品安全委員会から良識派を全員駆除して、やっと輸入再開に漕ぎ着けたかと思ったら、何のことはない、もともとある問題が顕在化して、背骨が見つかってしまった。

要するに、2004年10月23日の合意に無理があるんです。あれがインチキなんです。
あとは全部そのごまかし。

しかしまた2年たって、アメリカに政治の季節がやってきた。前回はケリー候補と接戦だから、ビーフロビーの支持はブッシュ再選に不可欠。なんとか頼むよ。だったけど、今回はイラク泥沼化で中間選挙共和党が過半数割れの危機。ビーフロビーの支持は不可欠なんでよろしく頼むよと。

月末の首脳会談でそう言われるのがわかっているので、それに先手を打って輸入再開で合意。論点は査察云々と。

違うって。

まずアメリカは飼料規制ができてない。牛→牛のみの禁止では狂牛病の蔓延は防げないことは、イギリスも日本も身をもって経験済み。牛入りも牛無しも、肉骨粉は同じ飼料工場で作ってるんだからさ。

特にアメリカは牛→鶏がOKで、鶏(糞、羽根、残存物)→牛がOKなんだ。じゃ、鶏が食べたプリオンはどこ行くんだ。どこかに消えて無くなるんかい。牛h→鶏って言う場合の牛の肉骨粉にはSRMも全部杯っているんですよ。アメリカは肉骨粉は牛には与えてはいけないことになているので、じゃあSRMも全部入れていいでしょということになっているんです。つまり、その肉骨粉(bone meal)は確実にプリオン入りだってことです。

それにアメリカは牛の血液を牛に与えることもOK。これも気になります。

今回のこの記事はその問題をあらためて浮き彫りにしていると思います。私の古巣のAPの記事でした。著作権上全文引用はできないので、見出しだけ紹介します。古巣から著作権侵害で訴えられたくはないので。

http://www.richmondregister.com/business/local_story_173081940.html?keyword=topstory

Feed shipped to Kentucky recalled over possible mad cow violation
Associated Press

WASHINGTON— Livestock feed ingredients shipped to Kentucky and eight other states may have been contaminated with cattle remains in violation of a 1997 ban to protect against mad cow disease, a manufacturer said Tuesday.→続きを読む

食品安全委は何を評価してきたのか
このまま米国産牛肉の輸入を再開して本当にいいのか
狂牛病の原因物質はプリオンではないかもしれない?!

June 23, 2006 | コメント (5) | トラックバック (0)

何だ、最初から「テレビのための試合時間の変更」は公然だったのですね

豪、クロアチア戦の開始時刻を変更
http://germany2006.nikkansports.com/japan/jp051210-0068.html

何だ、最初から公然だったのですね。
去年12月の日刊スポーツの記事です。
しかも記事には明確に「国際サッカー連盟(FIFA)は10日、W杯ドイツ大会の日程変更を発表した。テレビ放送のため、当初の予定から各国の時差などを考慮した。」となっているではありませんか。

他にもこんな記事を教えていただきましたので、紹介させていただきます。
Japan boss angry at match timings - BBC
http://news.bbc.co.uk/sport2/hi/football/world_cup_2006/teams/japan/5044540.stm

本当にそれが原因だったかどうかは知りませんが、こんな話にまで飛び火しているそうです。
電通が軟調、一部メディアがテレビ局の都合で試合時間が決定されたと報道
http://www.technobahn.com/cgi-bin/news/read?f=200606191243

結局全てカネってことなんでしょうか。いやはや。

June 20, 2006 | コメント (8) | トラックバック (1)

ジーコの「テレビ局がそれを望んでいる以上仕方がない」発言の意味は?

 ワールドカップ、クロアチア戦の直後の共同インタビューでジーコが、「2試合連続で炎天下での試合になったのは、日本にとっては厳しい条件となった。しかし、テレビがそれを望んでいる以上仕方がない。」と語っていましたが、なぜか日本の通訳(テレビ朝日)はその部分だけ訳しませんでした。
 通訳がアドリブでそんな判断をするのも大したものだと思って感心しましたが、他の部分は丁寧に訳していたので、あの部分だけはテレビ局にとっては何らの理由で訳したくない理由があったのでしょう。
 ところで、どなたか、ワールドカップの試合時間がどのように決められているかご存知ありませんか。ジーコの言う「テレビ局がそれを望んでいる以上仕方がない」のセリフはどう理解すればいいのでしょうか。
 体力的に劣っている日本が、テレビ局の商業上の都合で昼の時間帯の試合をさせられているとすれば、「あの頑張れ日本!」のパフォーマンスは一体なんだって事になると思ったので、ジーコ発言の真意をぜひ知りたいと思いました。よもや、日本のテレビのゴールデンの時間帯に合わせるために、早い方の時間帯を希望したなんてことは無いとは思いますが・・・。
 恐らく、日本に限らず世界の主要メディアがその時間帯の放送を望んだことを指しているのだと推察しましたが(アメリカでもアジアでもヨーロッパでも、深夜や早朝の辺鄙な時間帯にぶつからないようにするためには、恐らくあの時間帯が一番都合がいいのでしょう)、私はワールドカップは守備範囲外なので、どなたか、試合時間の決定方法などをご存知の方がいれば、ぜひ教えてください。また、ジーコのあのセリフの意味をどう解釈すべきかご存知の方がおられましたら、ぜひご教示下さい。

June 19, 2006 | コメント (11) | トラックバック (8)

Page :            10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45  

rss 人気ブログランキングへ
神保哲生のTwitterへ
ビデオニュース・ドットコム
マル激!メールマガジン
沖縄の真実、ヤマトの欺瞞 米軍基地と日本外交の軛

INFORMATION

 09/10 TBSラジオで往年の名スタンドオフ松尾雄治さんと、ラグビーW杯特集をやりました

 09/10 東京FMの番組で小出先生と冷温停止について話をしました

 10/27 JFMのオンザウェイ・ジャーナル『神保哲生のワールド・レポート』を収録

 10/25 マル激トーク・オン・ディマンド500回記念公開生放送イベントのお知らせ

 10/25 今週は朝日ニュースターの「ニュース解説 "眼"」を担当しています

RECENT ENTRIES

 10/06 安倍政権はそろそろいい加減にせんか

 02/07 人質の命を救うことを最優先しなければならない 身代金に関する4つの誤謬 ー アダム・ドルニック教授

 12/18 早くも見えてきた特定秘密保護法の「牙」

 09/12 検察は本当にまともな捜査をやったのか

 09/10 TBSラジオで往年の名スタンドオフ松尾雄治さんと、ラグビーW杯特集をやりました

 09/10 東京FMの番組で小出先生と冷温停止について話をしました

 09/01 ヒストリーチャンネルに出演します

 05/19 緊急シンポジウム「原発報道を考える〜メディアは真実を伝えているのか」

 04/30 5金スペシャル・原子力のこれまでとこれからを問う

 04/26 これはジャーナリズムの生き残りをかけた戦いだ
――普通の産業として通用するメディアへ脱皮せよ――

RECENT COMMENTS

 04/10 偶然日テレ『バンキシャ』で神保哲生さんの取材映像を見ました。...

 03/27 はじめまして 3/20サンデーモーニング出演されませんでし...

 03/21 私は東京都の府中市に住む者ですが、不幸にも、福島第一原発全体...

 03/02 この話題を取り上げてくださり、感謝します。 このニュースを聞...

 05/22 宮崎県の口蹄疫問題を取り上げて下さい。 是非、真実を伝えて下...

 05/13 今週のDigについてここで触れてもいいですか? 佐野眞一さん...

 05/06 口蹄疫の事、マル激でやって下さらないですかねえ? 大変な事に...

 05/02 感想 守屋さんの回は秀逸、やはり前線にいた人の具体的経験談...

 04/26 勉強になりました。こういう報道が何故、地上波で出来ないのだろ...

 04/22 地方からの変革が難しい理由の説明の端緒の一つに成り得ていたら...

RECENT TRACKBACKS

 04/06 原発危機:なぜ2号機ピットから噴き出てる水をバケツで受けない?

 04/05 原発と外国人参政権問題

 04/04 原発危機:高レベル放射性汚染水の海洋への漏出を止める

 04/02 原発危機:福島第一原発水葬までのロードマップ

 03/22 上杉隆が Twitter で紹介していた『ニューヨーカー』の記事を翻訳しました:Evan Osnos, "Aftershocks: A nation bears the unbearable." The New Yorker, March 28, 2011

 02/06 菅政権が叫んでいるTPP

 10/05 小沢一郎強制起訴は民主主義の死滅である。

 09/19 [表現の自由][新聞・マスメディア]新聞の扱いが分かれた鯨肉裁判判決〜知られなければ議論は深まらない

 09/11 アフガンから帰国した常岡氏

 08/05 政治評論家・平野貞夫の詭弁

ARCHIVES

 2015年10月

 2015年2月

 2013年12月

LINKS

About this site

jimbo.tv はビデオジャーナリスト神保哲生が運営する神保個人のオフィシャルサイトです。
引用、転載などに関する情報は以下を参照してください。
SITE RULES
また、本ブログにお寄せいただいたコメントは、神保が執筆する著作やコラムなどに紹介や引用させていただく場合があります。あらかじめご了承下さい。

rss
Powered by MovableType
ビジネスブログ