クリスマスに4人の死刑執行

4人の死刑を執行と法務省が発表 05年9月以来の執行
Asahi.com
2006年12月25日13時22分
 法務省は25日、4人の死刑を執行したと発表した。長勢法相の就任以来初めて。杉浦前法相が在任中に死刑執行命令書への署名を拒否したまま任期を終えたため、執行は南野法相時代の05年9月以来1年3カ月ぶりとなった。1度に4人に執行されたのは、永山則夫元死刑囚らが執行された97年以来9年ぶり。執行されたのはすべて男性で、70代も2人いた。 (→続きを読む

December 26, 2006 | コメント (0) | トラックバック (0)

やしきさんと毎日放送に賠償命令 「番組で名誉棄損」

asahi.com
2006年12月22日20時15分
 タレントのやしきたかじんさん(57)が出演した深夜番組をめぐり、女性タレントと離婚した近畿地方の50代男性が「うその発言で名誉を傷つけられた」として、やしきさんと毎日放送(MBS、大阪市)に慰謝料など2200万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が22日、大阪地裁であった。瀧華聡之裁判長は「発言に公益性はなく、男性のプライバシーに配慮せずに興味本位に取り上げており名誉を棄損した」と判断。毎日放送に対しては「編集のうえ意図的に放送した」として共同不法行為責任を認め、同社とやしきさんに連帯して330万円を支払うよう命じた。(記事全文へ

「こんな事態来ると思ってた」 たかじん氏敗訴でTV局 2006年12月23日

December 23, 2006 | コメント (14) | トラックバック (0)

Newsweek1

newsweek.gif

Where's the Venture Capital?
Japan can be an unwelcoming place for budding entrepreneurs. Just ask Teddy Jimbo, who's trying to make history with his Internet startup, Video News Network(By Steven Levy 2001/06/08 | 1112 words, 0 images)

December 16, 2006 | コメント (0) | トラックバック (0)

Japan Media Review2

Japan Media Review
Prominent Japanese Journalists Defy Ethical Standards
Japanese journalists hawk commercial products like celebrities with no repercussions to their reputations or careers. Observers say concerns over this apparent conflict of interest are practically nonexistent.(By Takehiko Kambayashi)

Click here to read full story

December 16, 2006 | コメント (3) | トラックバック (0)

Japan Media Review

Japan Media Review
Internet Newscaster Sues Yahoo Subsidiary for Blocking Controversial Ads

A pioneering Internet video newscaster is suing paid-listing provider Overture K.K. for allegedly refusing to distribute its advertisements because the ads mention news stories dealing with politically controversial subjects. News reports say the newscaster, Video News Network Inc. (VNN), sought a preliminary judgment Tuesday with the Tokyo District Court to force Overture to distribute its ads, saying the refusal violates its freedom of speech.(By David Jacobson)

Click here to read a full story

Related stories...
Video News Network Pioneers Internet TV in Japan
Internet pioneer Teddy Jimbo's Video News Network gives him the freedom to cover controversial topics the mainstream press ignores, but is anybody listening? Jimbo spends thousands a month to keep his Internet TV station running, but VNN's alternative programming has attracted just 4,000 subscribers. (by Jane Ellen Stevens)

December 16, 2006 | コメント (0) | トラックバック (0)

住基ネット違憲判決の竹中判事が自殺?!

http://www.asahi.com/national/update/1203/OSK200612030024.html

 住民基本台帳ネットワークを拒否している住民へ強制的に運用することを違憲として画期的な判決を先月30日に下したばかりの大阪高裁判事の竹中省吾さん(64)が、首をつっているのを、奥さんが見つけ110番通報したとのこと。警察は自殺とみているようです。遺書は見つかっていないという。

 竹中さんは神戸地裁判事だった00年1月には、尼崎の公害病認定訴訟で、排ガスと患者の健康被害の因果関係を認め、汚染物質の排出差し止めを認める判決を言い渡したことでも有名。

 事が事ですし、詳細が分かっていない段階で不用意な邪推はしたくありませんが、まともな人がまともに生きようとするとえらく大変な思いをすることが避けられない世の中になっていることだけはまちがいなさそうです。 竹中さんが、市民側に立った司法を実践しようとすることで、司法の内部から理不尽なプレッシャーをかけられていなかったことを願うばかりです。

December 4, 2006 | コメント (10) | トラックバック (0)

ジャーナリズムに危機感 ー 東京新聞

放送とネット
ジャーナリズムに危機感 ー 東京新聞

 ニュースや情報を得る手段が多様化する現在、ジャーナリズムの分野で、放送とインターネットは媒体として、その役割を果たしているのか。テレビとネットそれぞれの世界で、“硬派路線”を歩む人たちによるパネルディスカッションがあった。新旧メディアの可能性や課題について活発な議論が繰り広げられ、特に「視聴率至上主義」などと批判も多いテレビには、一様に危機感を募らせ、奮起を強く求めた。 (藤浪繁雄)

東京新聞2006年11月23日

December 1, 2006 | コメント (1) | トラックバック (0)

辺見庸さん緊急講演のご案内

アジア記者クラブの森広さんからご案内をいただきました。
広く転載して欲しい旨でしたので情報をアップします。

辺見庸 緊急講演
個体と状況について ~改憲と安倍政権~

言葉が人に感銘を与えないばかりではなく、軽んじられるようになってどれくらい経つのだろうか。政治家の発言は言うに及ばず、学校教育の現場では反動的な教育家が動員され、立法に際してはできるだけ不愉快な、感激を与えない字句が選択されるようになって久しい。また為政者によって民衆を主権的地位から遠ざけようとする日々の積み重ねの結果、民主的社会の成熟は妨げられ、不公正に対して声をあげない民衆が育てられてきた。戦後の保守政治をボス政治と言い換えるのならば、全てをボスたちに委ねてきた。その結果、有権者は長く自由意志を欠いてきたのではないだろうか。

「もし個性なるものが、他者がかかわることによってしか救われないほどコチコチのものであるなら、そんなものはくたばるがいい」(『ベルトルト・ブレヒトの仕事』から)。

反人間的時代の閉塞感や無力感が漂い、個の自由空間が小さく狭まる中で、辺見庸さんは今年、『自分自身への審問』を上梓されました。自分自身への審問を通して、言葉によって「個」を取り戻し、「民衆」が「主権者」たることを呼び戻すには、「民衆」が憲法を護らねばならないのではないでしょうか。「病んだ身体を世界にこすりつけるようにしてものを感じ、見る」作家・辺見庸さんの言葉に耳を傾け、病身を押して登壇される辺見庸さんとともに考えたと思います。
(文責=アジア記者クラブ事務局長・森広泰平)

12月7日木曜日18:00~21:00
明治大学アカデミーコモン・ホール
東京都千代田区神田駿河台1-1

定員1100名 当日1500円 前売1200円
前売り券は、1200円を下記郵便口座にご入金下さいください。当日は郵便局払込取扱票の払込金受領証をご持参ください。入場券と引換えます。郵便口座:00180-4-709267加入者名:アジア記者クラブ

共催:明治大学軍縮平和研究所、週刊金曜日、日刊ベリタ、アジア記者クラブ
後援:毎日新聞社出版局

ご連絡、お問い合わせは日刊ベリタ事務局まで。
info@berita.jp
www.nikkanberita.com
電話03-5802-2430
FAX03-5802-2412

PDF版・講演案内
http://www.nikkanberita.com/henmi.pdf

December 1, 2006 | コメント (0) | トラックバック (0)

Page :            10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45  

rss 人気ブログランキングへ
神保哲生のTwitterへ
ビデオニュース・ドットコム
マル激!メールマガジン
沖縄の真実、ヤマトの欺瞞 米軍基地と日本外交の軛

INFORMATION

 09/10 TBSラジオで往年の名スタンドオフ松尾雄治さんと、ラグビーW杯特集をやりました

 09/10 東京FMの番組で小出先生と冷温停止について話をしました

 10/27 JFMのオンザウェイ・ジャーナル『神保哲生のワールド・レポート』を収録

 10/25 マル激トーク・オン・ディマンド500回記念公開生放送イベントのお知らせ

 10/25 今週は朝日ニュースターの「ニュース解説 "眼"」を担当しています

RECENT ENTRIES

 10/06 安倍政権はそろそろいい加減にせんか

 02/07 人質の命を救うことを最優先しなければならない 身代金に関する4つの誤謬 ー アダム・ドルニック教授

 12/18 早くも見えてきた特定秘密保護法の「牙」

 09/12 検察は本当にまともな捜査をやったのか

 09/10 TBSラジオで往年の名スタンドオフ松尾雄治さんと、ラグビーW杯特集をやりました

 09/10 東京FMの番組で小出先生と冷温停止について話をしました

 09/01 ヒストリーチャンネルに出演します

 05/19 緊急シンポジウム「原発報道を考える〜メディアは真実を伝えているのか」

 04/30 5金スペシャル・原子力のこれまでとこれからを問う

 04/26 これはジャーナリズムの生き残りをかけた戦いだ
――普通の産業として通用するメディアへ脱皮せよ――

RECENT COMMENTS

 04/10 偶然日テレ『バンキシャ』で神保哲生さんの取材映像を見ました。...

 03/27 はじめまして 3/20サンデーモーニング出演されませんでし...

 03/21 私は東京都の府中市に住む者ですが、不幸にも、福島第一原発全体...

 03/02 この話題を取り上げてくださり、感謝します。 このニュースを聞...

 05/22 宮崎県の口蹄疫問題を取り上げて下さい。 是非、真実を伝えて下...

 05/13 今週のDigについてここで触れてもいいですか? 佐野眞一さん...

 05/06 口蹄疫の事、マル激でやって下さらないですかねえ? 大変な事に...

 05/02 感想 守屋さんの回は秀逸、やはり前線にいた人の具体的経験談...

 04/26 勉強になりました。こういう報道が何故、地上波で出来ないのだろ...

 04/22 地方からの変革が難しい理由の説明の端緒の一つに成り得ていたら...

RECENT TRACKBACKS

 04/06 原発危機:なぜ2号機ピットから噴き出てる水をバケツで受けない?

 04/05 原発と外国人参政権問題

 04/04 原発危機:高レベル放射性汚染水の海洋への漏出を止める

 04/02 原発危機:福島第一原発水葬までのロードマップ

 03/22 上杉隆が Twitter で紹介していた『ニューヨーカー』の記事を翻訳しました:Evan Osnos, "Aftershocks: A nation bears the unbearable." The New Yorker, March 28, 2011

 02/06 菅政権が叫んでいるTPP

 10/05 小沢一郎強制起訴は民主主義の死滅である。

 09/19 [表現の自由][新聞・マスメディア]新聞の扱いが分かれた鯨肉裁判判決〜知られなければ議論は深まらない

 09/11 アフガンから帰国した常岡氏

 08/05 政治評論家・平野貞夫の詭弁

ARCHIVES

 2015年10月

 2015年2月

 2013年12月

LINKS

About this site

jimbo.tv はビデオジャーナリスト神保哲生が運営する神保個人のオフィシャルサイトです。
引用、転載などに関する情報は以下を参照してください。
SITE RULES
また、本ブログにお寄せいただいたコメントは、神保が執筆する著作やコラムなどに紹介や引用させていただく場合があります。あらかじめご了承下さい。

rss
Powered by MovableType
ビジネスブログ