マル激バックナンバー「電子書店パピレス」での販売開始しました

マル激トーク・オン・ディマンドのバックナンバーを「電子書店パピレス」で委託販売いたします。

第一弾として1月25日に第51回~第120回を発売しました。
第121回以降は準備が整い次第、順次発売いたします。

※注意
パピレスで販売するファイルはWindowsMediaDRM対応です。
(マック非対応)
パピレスで発売した回はDVDの販売を中止します。
CDの販売は継続します。
現在は「単品売り(300円)」のみですが、
2月中に「10回分まとめ売り(2000円)」を開始予定です。

January 27, 2007 | コメント (0) | トラックバック (3)

余談ですが・・・

今発売中のSAPIO(2月14日号)で『神保哲生のベスト』が世界人の一流品(!)として紹介されています。世界人はかなり?ですが、DOMKEのベストが一流品であることはまちがいありません。
SAPIOの一番最後のページです。

January 27, 2007 | コメント (2) | トラックバック (0)

ヒラリー・クリントンが大統領選へ出馬を表明

ヒラリーが2008年大統領選への出馬表明をしたようです。

January 21, 2007 | コメント (7) | トラックバック (1)

誰のためのホワイトカラー・エグゼンプションなのか

marugeki_302_shimada.jpgマル激トーク・オン・ディマンド
第302回(2007年01月12日)
誰のためのホワイトカラー・エグゼンプションなのか

ゲスト:島田陽一氏(早稲田大学教授)

<プレビュー>

 今月25日に召集される通常国会では、労働契約法案、労働基準法改正案、パート労働法改正案といった雇用関連法案の提出が予定されている。なかでも労働基準法の改正案に盛り込まれるホワイトカラー・エグゼンプションについては、推進したい経営側と反対する労働組合側の対立が表面化している。

 ホワイトカラー・エクゼンプションとは、管理職以外の労働者に対しても、労働時間ではなく成果に対する報酬を定め、企業と労働者の合意で自由に労働時間を決められるようにするというもので、管理職と同様に、残業に対する報酬の支払いが免除されることから、エクゼンプション(免除)という表現が使われている。

 経営側は、日本経済が国際競争力を維持していくためには、一定の年収以上の労働者に対しては成果主義の導入が不可欠であると主張する。しかし連合を中心とする労働側は、現在常態化しているサービス残業が制度化されることになると懸念する。

 労働法の専門家で、欧米での雇用実態にも詳しい早稲田大学の島田陽一教授は、そもそも「自律的裁量労働」が実施できていない現在の日本の企業風土に残業を正当化するホワイトカラー・エクゼンプション制度を持ち込めば、労働時間の増加と総賃金の削減が行われることになる危険性があると警鐘を鳴らす。

 もともとホワイトカラー・エクゼンプションはアメリカの制度だが、アメリカでは管理職に限らず労働者は広く自律的裁量が認められている場合が多い。上司から仕事を頼まれても、今別の仕事を抱えれて入れば、それを断ることができるような土壌があるというのだ。

 一方日本では、90年代の不況と急速な経済のグローバル化の中、「善意と信頼」を前提とする伝統的な日本型企業経営の基礎が崩れ、労働実態と現行の法制度との間に乖離が生まれている。このような状況の中でホワイトカラー・エグゼンプションが導入されても、長年日本の課題となっている「ホワイトカラーの生産性の向上」には寄与しない可能性が高い。

 企業側は「ホワイトカラー・エクゼンプションは企業の生き残りに不可欠」と主張する。しかし、ここで言う生き残りの対象は何なのか。日本の企業文化が大切にしてきた家族や地域共同体を含んでいるのか。単に経営者と資本にとって都合のいい「生き残り」になりはしないか。

 そもそもなぜ今ホワイトカラー・エクゼンプションなのか。アメリカとは企業風土のベースが異なる日本で、ルール主義に基づくアメリカの制度を導入すると、どのような弊害が起き得るのか。この制度の導入で得るものと失うものは何なのか。そして、今日本が導入しようとしているホワイトカラー・エクゼンプションは誰のためものなのか。島田氏と共に考えた。

January 14, 2007 | コメント (7) | トラックバック (1)

「テレビ報道、いま何が問題なのか?」

このことご報告するの忘れてました。
葉さんの番組で2時間にわたりテレビ報道の問題点を議論しました。

葉千栄のNIPPONぶった斬り
「テレビ報道、いま何が問題なのか?」
ゲスト: ピーター・バラカン、草野厚、服部孝章、神保哲生
キャスター: 葉千栄(東海大教授)

朝日ニュースター
1/13 (土) 22:05-23:55
再放送
1/14 (日) 3:05-5:00
1/14 (日) 18:05-19:55
1/15 (月) 14:10-16:00

January 14, 2007 | コメント (7) | トラックバック (0)

Page :            10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45  

rss 人気ブログランキングへ
神保哲生のTwitterへ
ビデオニュース・ドットコム
マル激!メールマガジン
沖縄の真実、ヤマトの欺瞞 米軍基地と日本外交の軛

INFORMATION

 09/10 TBSラジオで往年の名スタンドオフ松尾雄治さんと、ラグビーW杯特集をやりました

 09/10 東京FMの番組で小出先生と冷温停止について話をしました

 10/27 JFMのオンザウェイ・ジャーナル『神保哲生のワールド・レポート』を収録

 10/25 マル激トーク・オン・ディマンド500回記念公開生放送イベントのお知らせ

 10/25 今週は朝日ニュースターの「ニュース解説 "眼"」を担当しています

RECENT ENTRIES

 10/06 安倍政権はそろそろいい加減にせんか

 02/07 人質の命を救うことを最優先しなければならない 身代金に関する4つの誤謬 ー アダム・ドルニック教授

 12/18 早くも見えてきた特定秘密保護法の「牙」

 09/12 検察は本当にまともな捜査をやったのか

 09/10 TBSラジオで往年の名スタンドオフ松尾雄治さんと、ラグビーW杯特集をやりました

 09/10 東京FMの番組で小出先生と冷温停止について話をしました

 09/01 ヒストリーチャンネルに出演します

 05/19 緊急シンポジウム「原発報道を考える〜メディアは真実を伝えているのか」

 04/30 5金スペシャル・原子力のこれまでとこれからを問う

 04/26 これはジャーナリズムの生き残りをかけた戦いだ
――普通の産業として通用するメディアへ脱皮せよ――

RECENT COMMENTS

 04/10 偶然日テレ『バンキシャ』で神保哲生さんの取材映像を見ました。...

 03/27 はじめまして 3/20サンデーモーニング出演されませんでし...

 03/21 私は東京都の府中市に住む者ですが、不幸にも、福島第一原発全体...

 03/02 この話題を取り上げてくださり、感謝します。 このニュースを聞...

 05/22 宮崎県の口蹄疫問題を取り上げて下さい。 是非、真実を伝えて下...

 05/13 今週のDigについてここで触れてもいいですか? 佐野眞一さん...

 05/06 口蹄疫の事、マル激でやって下さらないですかねえ? 大変な事に...

 05/02 感想 守屋さんの回は秀逸、やはり前線にいた人の具体的経験談...

 04/26 勉強になりました。こういう報道が何故、地上波で出来ないのだろ...

 04/22 地方からの変革が難しい理由の説明の端緒の一つに成り得ていたら...

RECENT TRACKBACKS

 04/06 原発危機:なぜ2号機ピットから噴き出てる水をバケツで受けない?

 04/05 原発と外国人参政権問題

 04/04 原発危機:高レベル放射性汚染水の海洋への漏出を止める

 04/02 原発危機:福島第一原発水葬までのロードマップ

 03/22 上杉隆が Twitter で紹介していた『ニューヨーカー』の記事を翻訳しました:Evan Osnos, "Aftershocks: A nation bears the unbearable." The New Yorker, March 28, 2011

 02/06 菅政権が叫んでいるTPP

 10/05 小沢一郎強制起訴は民主主義の死滅である。

 09/19 [表現の自由][新聞・マスメディア]新聞の扱いが分かれた鯨肉裁判判決〜知られなければ議論は深まらない

 09/11 アフガンから帰国した常岡氏

 08/05 政治評論家・平野貞夫の詭弁

ARCHIVES

 2015年10月

 2015年2月

 2013年12月

LINKS

About this site

jimbo.tv はビデオジャーナリスト神保哲生が運営する神保個人のオフィシャルサイトです。
引用、転載などに関する情報は以下を参照してください。
SITE RULES
また、本ブログにお寄せいただいたコメントは、神保が執筆する著作やコラムなどに紹介や引用させていただく場合があります。あらかじめご了承下さい。

rss
Powered by MovableType
ビジネスブログ