小沢氏の辞任騒動について

小沢辞任会見の直後にブログにあげた内容の延長になりますが、宮台さんとこの問題について短い特番を出しました。marugeki_345_JM.jpg
マル激トーク・オン・ディマンド (2007年11月09日)
特別番組
幻の安保政策大転換を惜しむ
小沢辞任騒動を受けて

プレビュー

 11月4日、小沢一郎民主党代表が、突然、辞意を表明し、壊し屋・小沢がキレたか、離党で党を割るかと、さまざまな憶測が飛んだが、2日後には、小沢氏は辞意を撤回し、大連立構想も幻となった。

 マスコミでの報道は、辞任表明会見直後から「自民党と民主党の大連立」一色だった。だが、会見全体を視聴してみればわかるが、それは小沢と福田が抱いていた構想の一部でしかない。マスコミが無視し、報道しなかった部分にこそ、実は今回の問題の重要な意味があった。

 「あの会見の肝は、大連立などではなく、安全保障政策の大転換を自民の福田が認めたことだ」と宮台真司は指摘する。福田が提示した大転換とは、「自衛隊の海外派遣は、国連安保理決議か、国連総会の議決によって設立、あるいは認められた国連の活動に参加することに限る。したがって、特定の国の軍事作戦については我が国は支援しない」というもので、これが実現すれば、まさに、戦後レジームからの真の脱却だったと、宮台は悔しがる。

 神保哲生は、この重大な点を指摘し、小沢や福田へ質さなかった記者たちに、日本の政治をめぐる報道の問題点を見る。福田はこの転換を小沢と語り合ったことを認めている。与党・自民党党首が示した「安全保障政策の大転換」。その事実が残ったことだけでも、これからの対米外交に少なからず影響を与えていくだろうと予測する。

 めまぐるしく展開した小沢辞任騒動が残したものがなにか、徹底的に討論した。


<関連情報>
小沢辞任会見(11月4日)ノーカット映像

小沢辞任撤回会見ノーカット映像(11月7日)

マル激トーク・オン・ディマンド 第341回(2007年10月11日)
攻めの民主に死角はないか ゲスト:福山哲郎氏(参議院議員)

マル激トーク・オン・ディマンド 第331回(2007年08月03日)
データから見えてくる「やっぱり自民党は終わっていた」 ゲスト:森 裕城氏(同志社大学法学部准教授)

November 10, 2007 | コメント (12) | トラックバック (0)

この講演も明日に迫りました

地球市民ひろば フォーラム2007
多用な文化と持続可能な暮らし
■現場報告■
「ツバル~地球温暖化に沈む国」
テレビでもおなじみビデオジャーナリストの神保さんから、すでに海面上昇の影響に直面している南太平洋のツバルの状況を報告してもらいます。
◆11 月11日( 日)午後2 時~ 4 時
◆場所:「あーすぷらざ(=県立地球市民かながわプラザ)内」(JR根岸線本郷台駅改札出て左すぐ)
あーすぷらざ5階映像ホール
講師:神保哲生さん(ビデオジャーナリスト)
◆定員:120 名(事前申込制) *参加費無料

主催: 地球市民かながわプラザ
■住所: 横浜市栄区小菅ケ谷1-2-1
問合せ: 申込み: 学習サービス課
TEL: 045-896-2899 FAX:045-896-2299 * 祝日除く月曜休館
E-mail: gakushu@k-i-a.or.jp 
http://www.k-i-a.or.jp/plaza/index.html

パンフレット表PDF">
パンフレット裏PDF">

November 10, 2007 | コメント (0) | トラックバック (0)

小沢辞任会見を見て

press_071104_ozawa.jpg今日の小沢会見を無料で配信しているので、お時間があったらご覧ください。
http://www.videonews.com
http://www.videonews.com/press-club/0710/001180.php

どうも報道されている内容とはちょっと趣が違うように私には聞こえました。
政局なのでいろいろな読みがあるのは当然かもしれませんが、つまるところ小沢さんは、福田さんから、政府が従来の安全保障政策と憲法解釈を根本から変更する用意があることを聞かされ、そういうことであれば、総選挙で民主党が政権を取るとか取らないとかよりももっと重大な意味を持つと判断して、首相からの提案を持ち帰り、党に諮った。しかし、民主党の役員会は小沢さん以外全員が反対したので、それはもはや自分に対する不信任であると判断したと。

政局的には裸の王様のように党内で孤立していた小沢が、自分の頭だけで判断した結果、福田の術中に落ちたとか、検察の守谷CX捜査と関係があるのではないか等々、いろいろ取り沙汰はされているようですが、虚心坦懐に会見を聞けば、なるほどと思えるところも多分にあるのではないでしょうか。

もちろんこれは善し悪しを言っているわけではありません。せっかく参議院であれだけの信任を得た後の辞任は有権者への裏切りであり、また壊し屋小沢が民主党を壊し始めたかと言われても仕方がない面もあるでしょう。しかし、もし福田内閣が本当に、国連決議を自衛隊を海外に派遣する前提条件とする安保政策の転換を図る意思があったのであれば、これはいつ実現するかも定かではない「民主党への政権交代」よりも優先されるべき政策案件と考えたとしても、それほど間違ってはいないようにも感じました。

ただ、もしも、もしもですよ、自民党側が、小沢さんにその弾を投げたとき、小沢さんはかねてからの持論なのだから飛びつくだろうが、民主党内はそれではまとまらないだろう。そうすれば、悪くても民主党内の足並みの乱れを露呈させる効果はあるだろうし、あわよくば民主党を分裂させることに成功するかもしれないと考えて、今回の党首会談と、安保政策の転換を前提とする連立話を持ちかけたのだとすれば、やはり自民党の方が一枚上手だったと考えざるを得ないのかもしれません。実際、小沢さんは党首会談についての不正確な報道も辞任理由の一つにあげていますが、恐らくあの報道は自民党側の官邸周辺から流れたものだと思われます。民主党側は第一回目の党首会談の後、小沢さんが詳しい内容を党幹部にも伝えていないので、会談の内容を民主党側からリークをしたり情報操作をすることは難しかったはずです。

ただ、そういう権謀術数があったとして、やはりそれは相当リスキーなギャンブルで、もし民主党が連立に乗ってくるようなことがあれば、自民党は本当に民主党と連立を組まなければならなくなる上に、政府としては安全保障政策を根本から転換させなければならなくなります。日米同盟至上主義から国連中心主義への転換という戦後史に残る政策転換が、そんな政局的な計算に基づくギャンブルのネタになるとは思えない、と言うか、思いたくないですね。

しかし、小沢論文が世界に出たあたりから、いやな予感はしていたんです。あれだけ踏み込んだ安保政策の転換を提唱する論文の内容を、民主党の幹部ですら直前まで把握できていなかったのですから。

民主党執行部はこれから小沢さんを慰留するとか言っていますが、もうテレビで生中継された記者会見で明確に辞意を表明した上に、その理由まで明示しているんですよ。今更やっぱり撤回しますなんて話になるわけがないじゃないですか。とりあえずあれやこれや時間稼ぎをやった後、また代表選ですか。やれやれ、日本にとっては永遠の課題とも言うべき政権交代が、また10歩くらい遠のいたかな。

November 4, 2007 | コメント (6) | トラックバック (2)

こういうイベントで講演をします。

11月11日(あっ、誕生日の翌日だ!)、こういうイベントで講演をします。

地球市民ひろば フォーラム2007
多用な文化と持続可能な暮らし
■現場報告■
「ツバル~地球温暖化に沈む国」
テレビでもおなじみビデオジャーナリストの神保さんから、すでに海面上昇の影響に直面している南太平洋のツバルの状況を報告してもらいます。
◆11 月11日( 日)午後2 時~ 4 時
◆場所:「あーすぷらざ(=県立地球市民かながわプラザ)内」(JR根岸線本郷台駅改札出て左すぐ)
あーすぷらざ5階映像ホール
講師:神保哲生さん(ビデオジャーナリスト)
◆定員:120 名(事前申込制) *参加費無料

主催: 地球市民かながわプラザ
■住所: 横浜市栄区小菅ケ谷1-2-1
問合せ: 申込み: 学習サービス課
TEL: 045-896-2899 FAX:045-896-2299 * 祝日除く月曜休館
E-mail: gakushu@k-i-a.or.jp 
http://www.k-i-a.or.jp/plaza/index.html

パンフレット表PDF">
パンフレット裏PDF">

October 22, 2007 | コメント (0) | トラックバック (0)

Page :            10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45  

rss 人気ブログランキングへ
神保哲生のTwitterへ
ビデオニュース・ドットコム
マル激!メールマガジン
沖縄の真実、ヤマトの欺瞞 米軍基地と日本外交の軛

INFORMATION

 09/10 TBSラジオで往年の名スタンドオフ松尾雄治さんと、ラグビーW杯特集をやりました

 09/10 東京FMの番組で小出先生と冷温停止について話をしました

 10/27 JFMのオンザウェイ・ジャーナル『神保哲生のワールド・レポート』を収録

 10/25 マル激トーク・オン・ディマンド500回記念公開生放送イベントのお知らせ

 10/25 今週は朝日ニュースターの「ニュース解説 "眼"」を担当しています

RECENT ENTRIES

 10/06 安倍政権はそろそろいい加減にせんか

 02/07 人質の命を救うことを最優先しなければならない 身代金に関する4つの誤謬 ー アダム・ドルニック教授

 12/18 早くも見えてきた特定秘密保護法の「牙」

 09/12 検察は本当にまともな捜査をやったのか

 09/10 TBSラジオで往年の名スタンドオフ松尾雄治さんと、ラグビーW杯特集をやりました

 09/10 東京FMの番組で小出先生と冷温停止について話をしました

 09/01 ヒストリーチャンネルに出演します

 05/19 緊急シンポジウム「原発報道を考える〜メディアは真実を伝えているのか」

 04/30 5金スペシャル・原子力のこれまでとこれからを問う

 04/26 これはジャーナリズムの生き残りをかけた戦いだ
――普通の産業として通用するメディアへ脱皮せよ――

RECENT COMMENTS

 04/10 偶然日テレ『バンキシャ』で神保哲生さんの取材映像を見ました。...

 03/27 はじめまして 3/20サンデーモーニング出演されませんでし...

 03/21 私は東京都の府中市に住む者ですが、不幸にも、福島第一原発全体...

 03/02 この話題を取り上げてくださり、感謝します。 このニュースを聞...

 05/22 宮崎県の口蹄疫問題を取り上げて下さい。 是非、真実を伝えて下...

 05/13 今週のDigについてここで触れてもいいですか? 佐野眞一さん...

 05/06 口蹄疫の事、マル激でやって下さらないですかねえ? 大変な事に...

 05/02 感想 守屋さんの回は秀逸、やはり前線にいた人の具体的経験談...

 04/26 勉強になりました。こういう報道が何故、地上波で出来ないのだろ...

 04/22 地方からの変革が難しい理由の説明の端緒の一つに成り得ていたら...

RECENT TRACKBACKS

 04/06 原発危機:なぜ2号機ピットから噴き出てる水をバケツで受けない?

 04/05 原発と外国人参政権問題

 04/04 原発危機:高レベル放射性汚染水の海洋への漏出を止める

 04/02 原発危機:福島第一原発水葬までのロードマップ

 03/22 上杉隆が Twitter で紹介していた『ニューヨーカー』の記事を翻訳しました:Evan Osnos, "Aftershocks: A nation bears the unbearable." The New Yorker, March 28, 2011

 02/06 菅政権が叫んでいるTPP

 10/05 小沢一郎強制起訴は民主主義の死滅である。

 09/19 [表現の自由][新聞・マスメディア]新聞の扱いが分かれた鯨肉裁判判決〜知られなければ議論は深まらない

 09/11 アフガンから帰国した常岡氏

 08/05 政治評論家・平野貞夫の詭弁

ARCHIVES

 2015年10月

 2015年2月

 2013年12月

LINKS

About this site

jimbo.tv はビデオジャーナリスト神保哲生が運営する神保個人のオフィシャルサイトです。
引用、転載などに関する情報は以下を参照してください。
SITE RULES
また、本ブログにお寄せいただいたコメントは、神保が執筆する著作やコラムなどに紹介や引用させていただく場合があります。あらかじめご了承下さい。

rss
Powered by MovableType
ビジネスブログ