Page : 41 / 43  

なぜ今インターネット放送なのか(論座10月号寄稿原稿)

なぜ今インターネット放送なのか
神保哲生(ビデオジャーナリスト/ビデオニュース・ドットコム代表)
 今年3月のいわゆるホリエモン騒動のさ中、日本では珍しくジャーナリズムの公共性をめぐる論争がメディアを賑わせた。これはライブドア堀江貴文社長の「既存のジャーナリズムはもはや不要」との主張に対して、メディア関係者らが「放送の公共性」や「ジャーナリズムの社会的役割」などを盾に反論する形で繰り広げられたものだった。
 堀江氏のこの発言の真意はさておき、氏のジャーナリズム不要論に対し、既存のメディア側が主張した「メディアの公共性」に対する一般市民の反応はいたって冷ややかだった。少なくとも筆者にはそう感じられた。一般市民の目には、既存のメディアはもはやジャーナリズムが本来担うべき公共的な役割を果たせていないと映っていることは明らかだった。
 一連のホリエモン騒動を見るまでもなく、日本の主要メディア、とりわけ地上波放送局は今ジャーナリズムの担い手として危機に瀕している。資本の過度な集中からくる企業としての肥大化とそれに伴う商業主義の追求が、ジャーナリズムに求められる公共性との両立を困難にしているのだ。そして、それこそが、5年前に筆者がニュース専門インターネット放送局『ビデオニュース・ドットコム』を立ち上げた理由でもあった。

続きを読む

November 14, 2005 | コメント (1) | トラックバック (1)

新聞への提言(東京新聞10月18日夕刊寄稿原稿)

新聞よ!
なぜ権力チェック機能を失ったかを今こそ再点検する時

 今更言うことでもないかもしれませんが、ジャーナリズムのもっとも重要な役割は権力のチェックです。とりわけ、絶大な権力が集中する国家権力の監視は、「それなくしてジャーナリズムに存在価値無し」と言い切ってもいいほど、ジャーナリズムの最低限の責務と言っていいでしょう。
 しかし、ジャーナリズム、とりわけその中心的な担い手であるはずの新聞が、その使命を完全に喪失してしまっているとしか思えないようなできごとが、昨今頻繁に起きています。特に朝日新聞が報じたNHKへの政治家の圧力問題と、その報道をめぐる市民社会の反応、そして朝日側の事後の対応は、その冷酷な現実を露わにしたように思います。
 この一件では、取材の過程で朝日側にも多少は詰めの甘さがあったのかもしれません。しかし、もし仮にことのあらましが政治家側の主張する通りであったとしても、あの記事には明らかに真実相当性があったと筆者は考えます。政治家側がNHKを呼びつけたのかNHK側が勝手に来たのかなどのディテールにいくつか不確かな点はあったとしても、国政に多大な影響力を持つ有力な国会議員が、結果的に言論に介入した疑いが強いと思われる場合、警鐘を鳴らすことはジャーナリズムとしては当たり前過ぎるくらい当たり前のことです。
 その意味で、今回は他にも不祥事が重なったとはいえ、朝日新聞がこの問題で簡単に自らの非を認めてしまったことは、ジャーナリズムの将来に重大な禍根を残すことになってしまったと思います。

続きを読む

November 13, 2005 | コメント (4) | トラックバック (3)

あの民営化で本当にいいのか

 メディア上ではもう決まったものをほじくり出しても仕方がないとの空気が強く、あまりどこも問題にしませんが、やはり丸激でとりあげた荒井広幸さん、山崎養世さんの指摘する「この民営化案」の問題点は、たとえ負け戦とわかっていてもしっかり追求していきたいと考えています。
 たとえ民営化そのものには総論で賛成でも、神は細部に宿る(英語では悪魔が細部に宿る)といいます。法案に決定的な欠陥があれば、結局私たちがその被害を受けることになります。
 ぜひ皆さんのご意見を丸激やサイゾーでとりあげたいと思いますので、ご意見をお寄せください。

October 3, 2005 | コメント (6) | トラックバック (5)

京都イベント延期 その代わりにニュース23

以前にインフォメーションでご案内した京都イベントが私の都合で延期になってしまいました。すみません。
日時が決定したらあらためてご案内します。
私の都合というのが、実はその日(10月4日)筑紫哲也ニュース23で「食品安全委員会は何を審議してきたのか」を放送することになってしまいました。
お時間がある方はぜひご笑覧ください。

October 1, 2005 | コメント (2) | トラックバック (0)

地球温暖化

CO2さんからの以下のコメントからヒントを頂きました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
CO2さんのコメント
関係ない話題ですが・・
マイケル・クライトンの最新 『 恐怖の存在 』を読みました。
帯のコメントに「地球温暖化は本当に起こっているのか?」 とあるとおり興味深い内容でした。
温暖化は仮説に過ぎず、それに異を唱えることをタブー
としてはいけないんだと主張しています。
さて神保さんどう思われますでしょうか?
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

地球温暖化については、依然としてこれが人間の温室効果ガスに起因するものであるとの説に異論を唱える人がいることはご承知の通りです。ましてや温暖化と台風の関係となると、それを証明することは非常に難しいと思われるので、いくらでもケチをつける余地はあるにちがいありません。

私は科学者ではないので、色々な科学者の意見を聞いた上で、もし地球温暖化が事実だとしたら、これは大変なことになるとの認識を10年くらい前から持ち始め、それがまちがいであることを祈りつつ、この問題を取材してきました。

続きを読む

September 25, 2005 | コメント (14) | トラックバック (2)

Page :            10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43  

rss 人気ブログランキングへ
神保哲生のTwitterへ
ビデオニュース・ドットコム
マル激!メールマガジン
沖縄の真実、ヤマトの欺瞞 米軍基地と日本外交の軛