Page : 36 / 43  

茶番劇にもオチはあるものなんですね

米国産牛肉の輸入再開を決定 農水・厚労省-朝日新聞

最初から結論は決まっているのに、メディアや世論の風を読みながら、再開のタイミングを図っていましたとはさすがに言えないでしょうし。

しかし、遂にまたやっちゃいましたね。これで牛肉が食えないばかりか、カレールーもラーメンのスープも、全部にアメリカ牛のエキスが入っちゃいますよ。特に骨から煮出しているスープは要注意。骨髄はプリオン(もしくはその近辺にいる狂牛病の病原体)が通りますよ。

何度も指摘してきていることなので、今更言うことは何もありませんが、一つだけ、これが単なる茶番であることだけはまちがいありません。とうの昔に無理な政治決着をした合意事項を、だましだまし実行するための長い長い茶番劇です。

とにかく茶番の終盤はシナリオもかなり劣化していて、牛肉処理施設の査察だなんてことを、真顔でやっているわけですよ。しかし、施設に問題があるわけじゃないでしょうが。前回背骨が混じったのは、施設に問題があったからなんですか。

どんなに立派な施設があっても、そこできちんとSRMが除去されなければ意味がないんです。そして、それがちゃんと行われているかどうかなんて、事前に査察したって何もわかりっこないじゃないですか。本当馬鹿馬鹿しい。

アメリカの国内で流通する牛肉のBSEリスクが日本のそれよりも数倍から数十倍高いことは、食品安全委員会が既に認めているところ。しかし、アメリカは飼料規制も強化しないし、全頭からのSRM除去も拒否。しかも全出荷数の1%強しか検査もしない。

BSE発生で一旦ストップしたアメリカ産牛肉の輸入を再開するためには、アメリカ産牛肉が日本国内で流通する国産牛肉と同等の安全基準をクリアーしている必要がある。しかし、日本がBSE発生後肉骨粉の全面禁止、SRMの完全除去、そして全頭検査へと踏み切ったのに対し、アメリカのそのいずれもやろうとしない。

しかし2年前の10月23日、大統領選挙を目前に控え、しかもケリー候補と接戦が伝えられていたブッシュ大統領を助けるために、小泉内閣は、日米の牛肉の安全基準に厳然たる格差があるまま、輸入再開で合意してしまった。まあ、空手形を切ってしまったということ。

その際の条件が、確かにアメリカ国内の基準は緩いが、日本向けの牛肉はすべて月齢20ヶ月未満で、なおかつ必ずSRMを除去しますから、日本に入ってくるものについては、日本の国内基準に照らし合わしてみても、それほど見劣りすることはありませんよ、という話だった。

しかし、そんな約束は始めからできっこない。アメリカ国内に出荷する牛肉はSRMの除去は30ヶ月以上の牛のみ。だいたい牛は月齢20ヶ月前後で食べてしまうアメリカでは、月齢が30ヶ月を越える牛なんてほとんどいない。お乳が出なくなった高齢の乳牛くらいのもの。だから、もともとアメリカの食肉工場ではほとんどSRMの除去は不要だった。

にもかかわらず、日本向けの出荷分だけ全部SRMを取らなければならなくなる。しかも、SRMを綺麗に除去しようとすると、それが結構面倒な作業とくる。

四六時中監視している人もいない。もともとアメリカ向けはSRMを取らないで出しているのだから、取らないでもそんなに危ないはずはないとアメリカ人は思っているから、そもそもその作業自体がナンセンスに思える。しかも日本向けはピーク時でも全米向け出荷額の5%にも満たない。その5%だけのために、本来不要であるはずの作業を行うためにライン全体のスピードを落とすなんてこと、あり得ると思います?

私がアメリカ人だったら、日本人は何様なんだ。どんな権利があって、こんな馬鹿げたことをわれわれに強いるんだ、と思うに決まってると思うけど。

早い話がこの合意の枠組み自体が最初から無理線なんですよ。無理センの政治決着のコストを、我々消費者に払わせようとしているだけ。

で、最初にその無理センを押しつけられたのが、食品安全委員会だった。黒いものをシロと言わされることに抵抗した山内先生とか品川先生とか金子先生たちの反乱で、委員会審議は大紛糾。でもそれが当たり前ですよ。もともとあり得ないようないい加減な内容の政治決着に、科学者があとからお墨付きを与えることなんて、良心の欠片でもあれば、できっこない。

で、2年たって、またアメリカで選挙の季節がめぐってきちゃった。今度は中間選挙だけど、イラク泥沼化でブッシュさんの共和党は苦戦中。ここで議会の過半数を失うようなことがあれば、ブッシュ政権の残る2年間は完全なレイムダック化。つまり死に体で、何もできなくなる。

George 「そうならないためにもジュンイチロウ、なんとか早くビーフをよろしく。」
Junichiro 「OK。だけど今度は背骨が丸々残っているような露骨なのはやめてね。よろしく。」
George 「OK。一応そんなヘマはやらない35の工場だけに絞ったから、多分大丈夫。背骨が丸々入るようなことはないようにするけど、SRMがちょっとばかし残っていてもわからないからいいよね。」
Junichiro 「アイ・ラブ・ギュードン」
George 「今度クロフォードの牧場でステーキおごるよ。テキサスは狂牛病の牛が出てるけど大丈夫。狂牛病は潜伏期間が長いから、多分それまでにはぼくも君も狂牛病の牛食ったことなんて忘れてるって。」
Junichiro 「ラブ・ミー・テンダー」(もちろんスペルはRub me tender)

やれやれ。

July 28, 2006 | コメント (3) | トラックバック (2)

やっと自殺実態の解明調査が始まるようです

先月マル激に出ていただいた自殺防止支援NPO「ライフリンク」の清水さんからメールを頂きました。大切なフォローアップ情報が入っていると思いましたので、皆さんとシェアしたく思います。

何にしてもやっと自殺実態の解明調査が始まるようです。毎年3万を超える人が自殺しているにもかかわらず、なかなかその現実を直視しようとせず、「臭い物には蓋」的な対応を長年続けてきた行政でもあり、わたしたち日本人でもあります。

今更調査かよ、の感もありますが、いままで調査すら行われてこなかった。しかし、今国会のもしかすると最大の成果かもしれない「自殺対策基本法」成立し、ようやく調査が始まるというところです。

未遂も含めると年間30万人には上るのではないかというのが自殺問題です。しかし、調査が行われていないため、実際の数すらわかりません。また、3万人という数字も、あくまで自殺であることが確認された数であって、自殺に対する偏見が強い日本では、依然として身内の自殺の事実をひた隠しにしようとする風潮が強いため、実際の数はそれより遙かに大きい可能性があります。拓銀や山一が破綻した1998年には「確認された自殺者数」が3万を超え、その後毎年3万を超えているにもかかわらず、まだそんな基本的なことすらわかっていないわけです。

番組の中でも語られていますが、自殺者がこれだけ多いということは、仮に自殺にまで至らないとしても、今の日本に何か私たちが「生きにくい」原因があるにちがいあり、ません。その意味でもこの自殺問題を自分たちの問題として取り組んでいくことが求められてるように思います。

///////////////////////////
ライフリンクの清水です。
自殺対策基本法の成立を受け、政府が本格的に自殺実態の解明に動き出そうとしています。
非常に大きな一歩として、本日の毎日新聞夕刊トップでも取りあげられていますので、ご一読いただければ幸いです。

「自殺対策:原因・動機など詳細を公表へ 警察庁」(060724)

「自殺実態調査:国立、私立校まで対象拡大 文科省が方針」(060721)

なお、添付させていただいたファイルは、今後の自殺総合対策推進モデルとして、私たちが提起していこうとしているものです。

より詳しいものを、後日ライフリンクのHPにアップしていきますが、いずれにしても「実態調査は有効な対策を立案するためにやるもの」であるべきであって、研究のためということが先に来てはならないと思っています。(つまり「心理学的剖検」ではなく、自殺の社会的背景を浮き彫りにすることを目的とした「実態調査」をやるべきということです。)

今後も、実効性のある対策を立てていくことを念頭に置きながら、私たちも実態調査に関わっていく所存です。

これからも、どうぞよろしくお願いいたします。
--
特定非営利活動法人
自殺対策支援センター ライフリンク
代表 清水康之
http://www.lifelink.or.jp
http://blog.livedoor.jp/bxs00035/

July 25, 2006 | コメント (0) | トラックバック (0)

今更こんなこと言ってるのはだあれ?

セレブ露出「メディアも注意必要」 フジテレビ社長http://www.asahi.com/national/update/0630/TKY200606300543.html
村上社長は「今回は本当の悲劇にならなくてよかったようなもの。ただ豪邸を映して喜んでいるわけにはいかない」と述べ、安易な露出に歯止めをかけるべきだとした。


本当に今初めて気がついたのだとすれば、それはそれですごいことだと思う。

June 30, 2006 | コメント (1) | トラックバック (0)

あいたたたたた

危険部位混入でも全面停止せず(読売オンラインより)
 麻生外相は25日のNHKの番組で、米国産牛肉に再び特定危険部位が混入しても、全面輸入停止の措置をとるべきではないとの考えを示した。
 外相は「いい加減なのが一つあったからといって、全部連帯責任でアウトというのはフェアじゃない」と述べた。

はあ?
フェアじゃない?
全部がいい加減なことがわかっているから、一つ危ないのが見えたら「やっぱりそうか」という意味で全部やめるべきなんですよ。
大前提が間違っていますね。
あれだけ政治的にもみくちゃにされた食品安全委員会でさえもが、アメリカ牛肉の方がリスクが大きいことは認めているんです。
その上で、この厳しい条件を守るのなら、輸入再開もやむを得ずという結論だったわけです、
だから、決してその危ない牛肉が入ってきていないことを確認する必要があるわけです。
もし決して入ってきてはいけないはずの牛肉が入ってきているとすれば、それは一工場や一事業者の次元の話ではないのは当たり前でしょう。
わけがわららない話になってきましたね。

June 25, 2006 | コメント (5) | トラックバック (0)

Page :            10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43  

rss 人気ブログランキングへ
神保哲生のTwitterへ
ビデオニュース・ドットコム
マル激!メールマガジン
沖縄の真実、ヤマトの欺瞞 米軍基地と日本外交の軛