Page : 32 / 43  

FCCJ Luncheon Speech

4月26日の外人記者クラブの西山太吉さんの昼食講演会で司会を務めました。
その際に喋った、西山さんの紹介文を参考までに添付します。

FCCJ Luncheon Speech

In the world of Japanese journalism, Takichi Nishiyama is unquestionably a legend, but he is a controversial legend, at least until recently, and I am sure you will learn why today.

He is the central figure in the so-called Nishiyama Takichi Incident, which is sometimes referred as Foreign Ministry Breach of Confidence Incident or Okinawa Secret Pact Incident, depending on how you want to look at it.

In the incident, Mr. Nishiyama, as a Mainichi Shimbun reporter, exposed a serious betrayal of the government to its people at the time of a historical juncture when Okinawa was returned to Japan from the military occupation by the United States in 1972. But the controversy over how he obtained information completely changed the story.

Mr. Nishiyama was born in 1931 in Yamaguchi prefecture. After graduating from Keio University with a masters degree in xxx, he went on to work for Mainichi Shimbum newspaper as a reporter. He had covered Prime Minister’s residence and the Ministry of Foreign Affairs, and has won a series of prestigious journalism awards.

In 1971, Mr. Nishiyama reported that Japan had illegally channeled 4 million dollars to the United States when Okinawa was returned to Japan. The money was to be used for restoring former US military installations to their pre-occupational conditions, but then Prime Minister Eisaku Sato had repeatedly told the nation that the cost was to be shouldered by the United States.

But unlike Watergate, which forced President Nixon to step down in disgrace and made two young Washington Post reporters national heroes, the story began to take a strange turn when his source, a female foreign ministry clerk, turned herself in and claimed that she was forced to give away classified documents because Mr. Nishiyama took advantage of their extramarital affairs.

After the revelation, the government illegal fund transfer scandal somehow became a media ethics and sex scandal, at least in the public forum.

Mr. Nishiyama came under severe fire both from the government and the media, and he was convicted of illegally obtaining classified information along with his source, and was forced to quit his job.

As of today, no one has ever taken any responsibility for the alleged illegal fund transfer, nor has there been any official investigation into the matter. Prime Minister Sato went on to win a Nobel Peace Prize, mainly for realizing the peaceful reversion of Okinawa to Japan.

Mr. Nishiyama has spent his time at his home in Kita Kyushu, running a family business ever since.

But now, 35 years later, at the age of 75, he is striking back.

As the US government began to declassify diplomatic documents at 25 years, it became increasingly clear that the secret pact did exist, and Japan did secretly channel the unauthorized fund to the United States.

In 2005, he sued the Japanese government to clear his name, but the court last month turned him down. Last week, he appealed his case to the higher court and pledged to fight till the end.

Ladies and gentlemen, I am proud to present to you the legend, Mr. Takichi Nishiyama.

April 30, 2007 | コメント (1) | トラックバック (2)

トークイベントに参加します

[ Double Cast ] by Survivart
■トークイベントVol.4「放送から考える」
日時 4月21日(土)13:00〜15:00
場所 トーキョーワンダーサイト本郷
ゲスト 神保哲生(ビデオニュース・ドットコム代表)+中野真紀子(翻訳家)
内容 動画サイト「YouTube」の認知度が50%を超えた昨今、個人がメディアを駆使し情報の受け手から発信者となり、マスメディアの神話も崩れつつあるこの時代に、独自メディアを持つことの意味や可能性について話し合います。
http://doublecast.survivart.net/event/index.html

April 21, 2007 | コメント (0) | トラックバック (0)

オバマ議員が大統領選出馬を表明 - 民主党の有力候補出揃う

pic_obama.jpg実はオバマ候補は私とコロンビア大の同期生です。ハワイ生まれでコロンビア大を卒業後シカゴの黒人のコミュニティのボランティア組織に加わり、91年ハーバードロースクールを卒業。04年の選挙でイリノイ州から初の黒人上院議員に選出されたばかりの上院1期生です。大統領選挙はちょっと早い感じもしますが、出て名前を売っておくのもいいでしょう。彼がアメリカ史上初の黒人大統領に最も近いところにいることだけは間違いないと思います。

08大統領選は誰が一番現実的なイラクからの出口シナリオを提示できるかにかかってきた感があります。ただし、2万人以上の犠牲を伴ったニクソンのベトナム出口シナリオだけは避けて欲しいものです。(写真はオバマ氏のウエッブサイトより許可を得て転載)

■オバマ氏も立候補を正式表明 米大統領選 - 朝日新聞・2007年02月11日01時17分

■「私が大統領として戦争を終えます」 ヒラリー・ロダム・クリントン出馬表明 - 朝日新聞・2007年02月03日22時16分

■バイデン議員、出馬表明で失言 米大統領選 - 朝日新聞・2007年02月01日15時10分

February 11, 2007 | コメント (0) | トラックバック (0)

東京は観測史上初の雪無しの冬になりそうな気配が・・・

東京で2月10日になっても雪が一度も降らないは130年ぶりのことだとか。130年前の1876年は2月10日に雪が降ったのですね。明治9年かあ。

もしこのまま東京で一度も雪が降らないと、観測史上初のことだそうです。温暖化の影響云々もさることながら、何だか寂しいですね。雪の日の朝窓を開けたときのあの独特の雰囲気を味わえないのは。子供と雪遊びもしたいなあ。

都心に雪なし 過去130年で最も遅い記録の更新が確実 - 朝日新聞 2007年02月10日11時57分

February 10, 2007 | コメント (2) | トラックバック (0)

マル激バックナンバー「電子書店パピレス」での販売開始しました

マル激トーク・オン・ディマンドのバックナンバーを「電子書店パピレス」で委託販売いたします。

第一弾として1月25日に第51回~第120回を発売しました。
第121回以降は準備が整い次第、順次発売いたします。

※注意
パピレスで販売するファイルはWindowsMediaDRM対応です。
(マック非対応)
パピレスで発売した回はDVDの販売を中止します。
CDの販売は継続します。
現在は「単品売り(300円)」のみですが、
2月中に「10回分まとめ売り(2000円)」を開始予定です。

January 27, 2007 | コメント (0) | トラックバック (3)

Page :            10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43  

rss 人気ブログランキングへ
神保哲生のTwitterへ
ビデオニュース・ドットコム
マル激!メールマガジン
沖縄の真実、ヤマトの欺瞞 米軍基地と日本外交の軛