Page : 31 / 43  

小沢辞任会見を見て

press_071104_ozawa.jpg今日の小沢会見を無料で配信しているので、お時間があったらご覧ください。
http://www.videonews.com
http://www.videonews.com/press-club/0710/001180.php

どうも報道されている内容とはちょっと趣が違うように私には聞こえました。
政局なのでいろいろな読みがあるのは当然かもしれませんが、つまるところ小沢さんは、福田さんから、政府が従来の安全保障政策と憲法解釈を根本から変更する用意があることを聞かされ、そういうことであれば、総選挙で民主党が政権を取るとか取らないとかよりももっと重大な意味を持つと判断して、首相からの提案を持ち帰り、党に諮った。しかし、民主党の役員会は小沢さん以外全員が反対したので、それはもはや自分に対する不信任であると判断したと。

政局的には裸の王様のように党内で孤立していた小沢が、自分の頭だけで判断した結果、福田の術中に落ちたとか、検察の守谷CX捜査と関係があるのではないか等々、いろいろ取り沙汰はされているようですが、虚心坦懐に会見を聞けば、なるほどと思えるところも多分にあるのではないでしょうか。

もちろんこれは善し悪しを言っているわけではありません。せっかく参議院であれだけの信任を得た後の辞任は有権者への裏切りであり、また壊し屋小沢が民主党を壊し始めたかと言われても仕方がない面もあるでしょう。しかし、もし福田内閣が本当に、国連決議を自衛隊を海外に派遣する前提条件とする安保政策の転換を図る意思があったのであれば、これはいつ実現するかも定かではない「民主党への政権交代」よりも優先されるべき政策案件と考えたとしても、それほど間違ってはいないようにも感じました。

ただ、もしも、もしもですよ、自民党側が、小沢さんにその弾を投げたとき、小沢さんはかねてからの持論なのだから飛びつくだろうが、民主党内はそれではまとまらないだろう。そうすれば、悪くても民主党内の足並みの乱れを露呈させる効果はあるだろうし、あわよくば民主党を分裂させることに成功するかもしれないと考えて、今回の党首会談と、安保政策の転換を前提とする連立話を持ちかけたのだとすれば、やはり自民党の方が一枚上手だったと考えざるを得ないのかもしれません。実際、小沢さんは党首会談についての不正確な報道も辞任理由の一つにあげていますが、恐らくあの報道は自民党側の官邸周辺から流れたものだと思われます。民主党側は第一回目の党首会談の後、小沢さんが詳しい内容を党幹部にも伝えていないので、会談の内容を民主党側からリークをしたり情報操作をすることは難しかったはずです。

ただ、そういう権謀術数があったとして、やはりそれは相当リスキーなギャンブルで、もし民主党が連立に乗ってくるようなことがあれば、自民党は本当に民主党と連立を組まなければならなくなる上に、政府としては安全保障政策を根本から転換させなければならなくなります。日米同盟至上主義から国連中心主義への転換という戦後史に残る政策転換が、そんな政局的な計算に基づくギャンブルのネタになるとは思えない、と言うか、思いたくないですね。

しかし、小沢論文が世界に出たあたりから、いやな予感はしていたんです。あれだけ踏み込んだ安保政策の転換を提唱する論文の内容を、民主党の幹部ですら直前まで把握できていなかったのですから。

民主党執行部はこれから小沢さんを慰留するとか言っていますが、もうテレビで生中継された記者会見で明確に辞意を表明した上に、その理由まで明示しているんですよ。今更やっぱり撤回しますなんて話になるわけがないじゃないですか。とりあえずあれやこれや時間稼ぎをやった後、また代表選ですか。やれやれ、日本にとっては永遠の課題とも言うべき政権交代が、また10歩くらい遠のいたかな。

November 4, 2007 | コメント (6) | トラックバック (2)

こういうイベントで講演をします。

11月11日(あっ、誕生日の翌日だ!)、こういうイベントで講演をします。

地球市民ひろば フォーラム2007
多用な文化と持続可能な暮らし
■現場報告■
「ツバル~地球温暖化に沈む国」
テレビでもおなじみビデオジャーナリストの神保さんから、すでに海面上昇の影響に直面している南太平洋のツバルの状況を報告してもらいます。
◆11 月11日( 日)午後2 時~ 4 時
◆場所:「あーすぷらざ(=県立地球市民かながわプラザ)内」(JR根岸線本郷台駅改札出て左すぐ)
あーすぷらざ5階映像ホール
講師:神保哲生さん(ビデオジャーナリスト)
◆定員:120 名(事前申込制) *参加費無料

主催: 地球市民かながわプラザ
■住所: 横浜市栄区小菅ケ谷1-2-1
問合せ: 申込み: 学習サービス課
TEL: 045-896-2899 FAX:045-896-2299 * 祝日除く月曜休館
E-mail: gakushu@k-i-a.or.jp 
http://www.k-i-a.or.jp/plaza/index.html

パンフレット表PDF">
パンフレット裏PDF">

October 22, 2007 | コメント (0) | トラックバック (0)

ツバル増補版ができあがりました

Tuvalu1.jpgツバル 地球温暖化に沈む国
著者:神保哲生
春秋社
Price: 2000円 (税別)
●1刷 四六判 2007年7月発行
*お問い合わせ 春秋社営業部 eigyo@shunjusha.co.jp

 『ツバル-地球温暖化に沈む国』がしらばく品切れ状態にあったようで、アマゾンあたりでは中古本が定価の倍以上の値段で売り買えされるほどの品薄状態にあったと聞いています。実は、私の方で、最新情報を入れたアップデート版を書く予定があるので、増刷をストップするようお願いしたまま、なかなか私がそれを実行しなかったので、そのような事態に陥ってしまっていました。全て私の責任でございます。

 とまれ、このたびようやく増補版の出版に漕ぎ着けました。

 この増補版は、初版の『ツバル』が、2002年時点での取材結果しか含んでいませんでしたので、その後2005年に再度ツバルを訪れ、その帰路、例の移民プログラムでニュージーランドに移住したツバル人家族を訪ね、そこでの生活ぶりや沈みゆく故郷への思いを取材してきた結果を、新たに「ツバル2005」として巻末に一章追加したものです。

 2005年の取材時も、基本的なデータは2002年の時点からほとんど変化はありませんでしたが、ツバルの人々の生活ぶりには大きな変化が現れ始めていました。そのあたりを中心にツバルの最新情報も最終章で報告しています。

 お待たせしてしまった方々には、大変申し訳ありませんでした。

 私事になりますが、マル激の5金の冒頭で宮台氏が口を滑らせてしまった通り、ここ何年かの間、私自身はインターネット放送局の立ち上げや会社経営等々の雑事に追われる中、肝心のジャーナリスト活動が後手後手に回ってしまっていましたが、ようやくビデオニュース・ドットコムの方もある程度軌道に乗ってきたようですので、そろそろジャーナリスト活動を再び本格化させる決心をいたしました。

 と言っても、マル激の出演は続けますし、宮台氏とのコンビも不滅です。ビデオニュース・ドットコムの運営も気合いを入れて続けてまいります。あれは100年プロジェクトのつもりでやっていますから、まだまだ黎明期です。ただ、つい最近までビデオニュース・ドットコムは、私が雑事から何から何までやらなければ回っていかないような状態でしたが、少しずつスタッフの方も充実してきたので、ようやく私が本業である記者活動に力を入れることが許されるようになってきたという次第です。こうなってくると、私が本業の記者稼業に力を傾注することこそが、私がビデオニュースに最も貢献できる手段と言えるかもしれません。

 まあ、充電は十分すぎるくらいやってきましたので、ここいらで溜め込んできたエネルギーを爆発させたいと思います。

 そんなわけでツバル増補版に続き、今後、映像面でも活字面でも、取材結果をご報告できる機会が何かと増えると思いますので、今後とも引き続きご指導のほどよろしくお願い申し上げます。
2007年7月1日
神保哲生

July 2, 2007 | コメント (5) | トラックバック (3)

マル激本第5弾が出ました

%E4%B8%AD%E5%9B%BD%E8%A1%A8%E7%B4%99%E4%B8%AD.jpg神保・宮台マル激トーク・オン・デマンド5
中国―隣りの大国とのつきあいかた
宮台真司、加藤紘一、劉傑、興梠一郎、猪間明俊、神保哲生[著]
春秋社
http://www.shunjusha.co.jp/book/33/33267.html

June 25, 2007 | コメント (0) | トラックバック (0)

岡崎市の環境シンポジウムで、地球温暖化とツバルの話をします。

岡崎市環境シンポジウム2007
~地球温暖化問題と持続可能な地域づくり~
第1部 基調講演 『空を見よう』 講師/石原 良純 氏[俳優・タレント・気象予報士]
第2部 『一緒に考えよう 地球温暖化』
第3部 トークセッション 『地球温暖化に沈む国ツバルから地球環境問題を考える 』
神保 哲生 氏[ビデオジャーナリスト・立命館大学産業社会学部教授]
×
マエキタミヤコ 氏[クリエイティブディレクター]
※今回のシンポジウムのために神保氏が編集した「地球温暖化に沈む国ツバル」の映像を上映します。

日時 平成19年6月30日(土) 12:00~16:40
会場 岡崎市せきれいホール
入場料  無料(ただし、入場整理券が必要です。)
定員 500名

June 25, 2007 | コメント (0) | トラックバック (0)

Page :            10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43  

rss 人気ブログランキングへ
神保哲生のTwitterへ
ビデオニュース・ドットコム
マル激!メールマガジン
沖縄の真実、ヤマトの欺瞞 米軍基地と日本外交の軛