Page : 23 / 43  

「ニュースの深層」に出演します

朝日ニュースター「ニュースの深層」に出演します。
【出演日】
9月15日(火)20:00~20:55
【出演者】
キャスター:上杉隆(ジャーナリスト)、重信メイ(ジャーナリスト)

September 5, 2009 | コメント (0) | トラックバック (0)

「スーパーJチャンネル」のインタビューを受けました

テレビ朝日「スーパーJチャンネル(16:53~19:00)」のインタビューを受けました。
ON AIRは9月7日(月)です。

September 5, 2009 | コメント (0) | トラックバック (0)

ここまでダイヤモンド・オンラインに寄稿した記事の一覧です

連載シリーズ「民主党政権が実現すると、何がどう変わるか?」 
ジャーナリスト 神保哲生

(第1回/2009年07月16日)「まかせる政治」から「引き受ける政治」へ
東京都議会選挙での民主党の圧勝・自民党の惨敗で「政権交代は必至」と考えている人は少なくないはずだ。しかし、表層的なメディア報道に惑わされないために、きちんと民主党の政策を把握する必要がある。

(第2回/2009年07月23日)民主党政権の“ディスクロージャー”で問われる市民の覚悟
民主党政権の誕生によって最も大きく進展するのが「情報公開=ディスクロージャー」の問題だ。情報公開というのは一見、よいことづくめに思えるが、その分市民の責任が重くなるということを忘れてはならない。

(第3回/2009年07月30日)国民総背番号制で税金・社会保険料を徴収。実は強面な「3つのフェアネス」政策
「フェアネス」は民主党の政策パッケージ全体の理念的支柱である「オープン・アンド・フェアネス」の一翼を担うもので、民主党の政策の多くには日本をより「フェア」な社会に変えようとする姿勢が反映されている。

(第4回/2009年08月06日)「理念」を掲げれば票が減る? 人気優先マニフェスト選挙のジレンママニフェスト選挙が単なる「ショッピングリスト(買い物リスト)選挙」に成り下がってしまっている。民主党の政策にははっきりとした理念的裏付けがあるばかりに、民主党のマニフェストには不満を禁じ得ない。

(第5回/2009年08月13日)大手メディアが決して報じない、 「メディア改革」という重要政策の中身
民主党政権では、マスメディア自身が主たる既得権益者として改革の対象となっているが、まだほとんどの人に知られていない。真に公正なジャーナリズムが機能していくために、この事実は広く認識されるべきた。

(第6回/2009年08月17日)霞が関の権益を引き剥がせるか? 政権の試金石「学校理事会」という爆弾
民主党政権の実効性を占う上で、重要な試金石になる政策がある。それは教育改革の一環として導入を主張している「学校理事会」という制度だ。既得権益の剥奪や地方分権など政策理念の要諦を含んでいるのである。

(特別編/2009年08月31日)圧勝した民主党政権の最大の使命は「ガバナンスの回復」
総選挙は、過半数をはるかに超える議席を獲得した民主党の圧勝に終わった。民主党が掲げる情報公開が進むと、我々は意志決定の主導権を持つことになる。民主党を選択した市民は、その覚悟を忘れてはならない。

(特別編/2009年09月05日)鳩山外交論文の謎:危惧される情報管理の甘さ
鳩山代表の外交政策への考えが綴られた論文が波紋を呼んでいる。しかし、鳩山氏は「寄稿していない」と発言しており、論文を掲載した外国メディアが困惑している。一体、どういうことなのだろうか。

September 5, 2009 | コメント (0) | トラックバック (0)

鳩山氏外交論文の謎
論文は本当に寄稿されていなかったのか

神保哲生(ビデオニュース・ドットコム)

 次期首相の就任が確実視されている民主党の鳩山由紀夫代表が、ニューヨーク・タイムズなどに掲載された論文を、「自分は寄稿していない」と発言していることに対し、論文を掲載した外国メディアが困惑している。彼らは契約している記事の配信会社から送られてきた記事を、そのまま掲載しただけだと主張しているからだ。

 問題の論文は鳩山氏が月刊誌VOICE9月号に寄稿した「私の政治哲学」を翻訳したもので、アジアの共同通貨の提唱やアメリカ主導のグローバリゼーション批判など、主に外交政策について鳩山氏の踏み込んだ考え方が示されている。ニューヨーク・タイムズの他、クリスチャンサイエンス・モニターなど米国の主要紙に鳩山氏の署名入りで相次いで掲載されたため、多方面で反響を呼んでいる。
特に論文中に反米的とも受け取れる主張がたびたび登場することもあり、1日付けのワシントンポストは、民主党の外交政策を批判的に論評する記事を掲載するなど、特に米国メディアからの論文に対する風当たりが強い。

続きを読む

September 4, 2009 | コメント (0) | トラックバック (0)

Page :            10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43  

rss 人気ブログランキングへ
神保哲生のTwitterへ
ビデオニュース・ドットコム
マル激!メールマガジン
沖縄の真実、ヤマトの欺瞞 米軍基地と日本外交の軛