Page : 21 / 43  

出てる出てる

確かに普通の人がこれを読めば、記者会見が開放されたと思ってしまうよね。
記事をよく読めば、外国記者も雑誌記者も、もともと会見に入れる枠を持っていたと書いてあるから、実際は何も変わっていないことがわかるはずなんだけど、うまいっていうか、ずるいっていうか、そこまでやるかって言うか。いやはや、まいりました。

新首相就任会見、雑誌記者の参加認める 内閣記者会(朝日新聞)

首相会見、雑誌記者にも開放(時事通信)

September 16, 2009 | コメント (4) | トラックバック (1)

昨夜の上杉さんとの番組がYouTubeにあがっていました

 昨夜の朝日ニュースター「ニュースの深層」での上杉隆さんと私のやりとりの冒頭部分を、YouTubeにあげてくださった方がおられましたので、ご紹介しておきます。

http://www.youtube.com/watch?v=3giK2W7Ivbo

 しかも、映像には私と上杉さんのやりとりだけでなく、鳩山さんや小沢さんが記者会見で、政権をとったら必ず記者会見は開くと宣言をしているシーンの映像までちゃんと挟んであります。

 これだけの短時間にここまで作られたfotosintesi114iiさん、本当にご苦労さまでした。

September 16, 2009 | コメント (2) | トラックバック (0)

Twitter 初心者やってます

Twitter 初心者やってます。
http://twitter.com/tjimbo

アメリカの友人の話では、アメリカではもうtwitterからタンブラー(tumblr)に移っているらしいのですが、ぼくはまだtwitterも使いこなせません。

ついこの間、クラス会をやるからとアメリカの高校の同級生にせがまれて、ようやくfacebookのアカウントを開いたばかりなのに、もう次はtwitterだって言うし、かと思えば、もうtwitterは古いとくる。

よくそんなに次から次へと新しいことをやってる時間あるなと感心しつつも、そう言えばあいつら今、半分くらいは失業中だから時間があるんだと、妙に納得。

とにかくアメリカのメディアの経営状況は想像を絶するほどの惨状ですよ。それでもあまり絶望感がないのも、アメリカの特徴かもしれませんが。

面白いtwitterの使い方があったら、ぜひ教えてください。裏技なども。

September 16, 2009 | コメント (1) | トラックバック (1)

産経による鳩山論文の経緯の検証記事

産経が鳩山論文が掲載された経緯を記事にしていますね。
http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/090915/stt0909152331026-n1.htm

これだけ時間が経ってるのにこれだけ?という感じもしましたが、よかったらぼくの9月4日の記事と比べてみてください。
http://www.jimbo.tv/column/000562.php

September 16, 2009 | コメント (0) | トラックバック (0)

なぜ記者会見がオープンでなければならないのか

 鳩山政権の会見が出だしからオープンにはならないことが決まってしまいました。
 では、なぜ記者会見がオープンでなければならないのか。
 もちろん世界の常識だからと言ってしまえば、それまでですが、重要なのはなぜそれが世界の常識なのか、です。
 特定の社だけが入れるのはフェアじゃないとか、営業妨害とか、新規参入ができなくなるとか、記者クラブ所属の記者が取材をしなくなるからとか、いろいろなことが言われていますが、その核心的な部分はあまり議論されていないような気がします。
 記者会見がオープンでなければならないわけ。それは、会見の出席に制限があると、記者会見が真剣勝負の場にならないからです。特定の社だけを相手にする記者会見を許せば、記者会見が政治権力とメディアの真剣勝負の場にならないばかりか、両者の関係が癒着と堕落の温床になることが、最初からわかりきっているからです。
 参加資格に制限のある記者会見に出られる既存の記者クラブメディアの特権的な地位をpreferred access(優先的アクセス)とかprivileged access(特権的アクセス)と呼びますが、preferredやprivilegedな状態では、記者会見の場で大臣や政府高官が嫌がる質問や他のメディアが嫌がる質問をすれば、その記者やその記者が所属する報道期間はそのprivileged(特権)を失うリスクがある。
 しかし、会見がオープンになり参加に条件がなくなると、どんなに相手が嫌がる質問をしても、会見に出る資格を失う心配はしなくてもよくなるので、容赦無く何でも聞くことが可能なる。それがいつもぼくの言っている、記者会見が真剣勝負の場になる、ということの意味なんです。

続きを読む

September 15, 2009 | コメント (16) | トラックバック (7)

Page :            10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43  

rss 人気ブログランキングへ
神保哲生のTwitterへ
ビデオニュース・ドットコム
マル激!メールマガジン
沖縄の真実、ヤマトの欺瞞 米軍基地と日本外交の軛