どうやら問題はガバナンスにあるようです

このエントリーを含むはてなブックマーク

鳩山さん自身は会見はオープンにしたいんですね。

私自身は鳩山さんと直接接触はしていませんが、周辺の政治家の話を聞いても、直接やりとりをした上杉さんの話を聞いても、鳩山さん自身はオープンだと言っているようです。

ただ、それがそのまま実行されないのが、今回の問題の本質のようです。私の中では今回の問題はディスクロージャーの問題というよりも、ガバナンスの問題になってきています。

つまり、官僚機構やそれに取り込まれた政治家をトップの政治家が(この場合は鳩山さん)がコントロールできていないことに問題がありそうです。

引き続き動いてみます。

September 17, 2009



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.jimbo.tv/mt4/mt-tb.cgi/589


鳩山由紀夫内閣発足初日に公約を破る from Hybrid-Hills
公約を破っても、マスコミは報道しない。国民には知らせない。 某漫画家の失踪、某夫妻の保釈の報道を何回もやる必要があるだろうか? むしろ、与党が公約を破...

September 18, 2009


人→組織を動かす難しさ from jlogue
僕が主催した、ちっちゃいけど大事な私的なイベント(集まり?)を終え、先ほど帰宅。興味深い会話があちこちで繰り広げられ、参加者が何らかの刺激を受けてくれたっ...

September 18, 2009


岡田外相の鳩山降ろし準備?鳩山の次を狙った会見オープン化の狙い from もけの日本観察録
  以前のエントリ でとりあげた会見のフルオープン化ですが、外務省記者会見はオープンにするということのようです。  このことだけは望ましいし、すばらしいこ...

September 19, 2009

コメント

投稿者 匿名 

以下の日経ビジネスの記事には「内閣官房内閣広報室」のなかの官僚が関与しているということが示唆されているのですが、平野さんもさっそくこういった官僚に取り込まれたってことでしょうか??

http://business.nikkeibp.co.jp/article/topics/20090916/204933/?P=1


「日本雑誌協会で、下部組織である日本雑誌記者会の事務局長を務める渡辺桂志氏の元に、唐突に電話が入ったのは、鳩山内閣が発足した16日の朝のことだった。

 電話の主は、官邸。正確には、官邸関連の広報業務を取り仕切る、内閣官房内閣広報室、その中の、内閣報道室である。内閣官房の官僚は、各省庁からの出向者が多い。 」

September 17, 2009

投稿者 匿名 

神保さん、見苦しいという印象を持つのですがお答えいただけませんでしょうか?
あなたは民主党になったらこう変わると言う本まで出して、結局今まで以上に閉鎖的な状況になったわけですから、それに加担したといったら言い過ぎになりますが、民主党になるように助力した責任(ジャーナリストとしての責任を)を果たすべきではないでしょうか?
今後の流れも大事でしょう、しかし今一旦総括すべきではないでしょうか?
今あなたは注目されてるのですよ、鳩山首相と一緒です。
大手マスコミに出来ないものをやりたいのならばそれを見せていただきたい。
言い訳が聞きたいわけではありません。

September 17, 2009

投稿者 匿名 

それが民主党の正体ですよ。
こういう約束すら守れないのは選挙前から分かってたでしょう。
民主党に肩入れしていた方には残念でしたが。

September 17, 2009

投稿者 toga 

神保さん、がんばってください。
昨日は民主党が約束をやぶったことをきき
怒りで眠れませんでした。
鳩山さんが裏切っていないと知ってすこしほっとしましたが。報道が変わらなければ政権交代した意味が半減してしまう、マニュフェストにいれていないのは鳩山さん自信もこの問題をすこし軽くみすぎているように思います。

September 17, 2009

投稿者 匿名 

 記者クラブ側にいる日経新聞社の顔色を気にして,日経ビジネスはこの件を記事にしないのか?と思っていたのですが,やっと記事になりましたね。
 ネットメディアとしてはページビューも比較的多いサイトだと聞いたことがあるので,この問題を認知する人が増えることが期待されます。
 あちらの読者コメント欄を読んだ印象としては,この件の問題点を理解してない読者が多いように見受けられます。
 あと何メートル進めば,会見場所なのでしょうか,無事たどり着けるよう応援しています。
 これからもご活躍ください。

September 17, 2009

投稿者 匿名 

続けてコメントして申し訳ございません。

47Newsに「オープン化した首相会見 新思考迫られた新聞・テレビ界」という馬鹿げた題の記事がのっていました。神保さんのおっしゃるとおり、こういう書きかたされたら読んだ人は騙されますよね。

http://www.47news.jp/47topics/e/133929.php

September 17, 2009

投稿者 匿名 

問題は鳩山さんのガバナンスということですが、その矛先の持っていき方はおかしいのでは?

ここで、誰がこの(そもそも民主党幹部がオープンしようと試みているはずの)記者クラブ問題をどのように、なんのために阻止しようとしてるのか、という点を明確にできないまま、鳩山さんのガバナンスに問題点を見つけることはできないはずです。

民主党が公然と「脱・官僚依存」を掲げ、国民がそれに投票している以上、旧態然とした官僚的な手法でもって、その民主党の政策に抵抗する側こそきちんと批判されるべきなのではないでしょうか。

しかもきちんと民主党幹部もその辺は理解しており、100日間は多めに見て欲しいと、予備線を張っています。一夜にして
改革を期待する方が現実離れしていると思います。

そもそも記者クラブ問題も、記者クラブ自体が、本来なくて「当たり前」であるなら、主催側である大手メディア側が
自主的に解散すべきものであり、それを行わない以上、既存の大手メディアに自浄作用がない証ではないでしょうか。従って、この問題についても、そもそも批判されるべきは今回その解体に失敗している民主党ではなく、未だその存在を維持している大手マスメディア側だと思います。

この情報で、現状、民主党幹部が問題を認識している事が確認できましたので、そのレポート性は評価します。しかし、うがった視点ですが、そのまとめ方には恣意的な(フリーランスという立場からの記者クラブ廃止羨望)視点を払拭することができませんでした。

September 17, 2009

投稿者 匿名 

首相就任演説は、記者クラブという重くさびた扉の鍵を開けてみせる
好機でしたが、鳩山政権はその最初の機会を逃しました。

それでも次の機会に期待しますが、官房長官を鳩山総理が脅かして
でも動かすしかないのではないかと思います。

衛視に、「フリーランス記者は入れないように」と指示を出すのは
官房長官ですか?ならば「入れるように」と指示を出せばよいこと。

統治者ががらりと変わるのは、戦後米軍が日本を占領統治して以来の
大イベントですから、度胸が必要でしょう。民主党の度胸をみせて
ほしいものです。

September 17, 2009

投稿者 アッキーナ 

散々ヨイショさせといて
用済みになったら切り捨てるとか
酷いもんですね民主。
開かれた報道目指して頑張ってください。

September 17, 2009

投稿者 まーや 

っていうか、この記事って、今回の件を利用して、民主党を攻撃したい人たちにネタを灯火し、炎上へと誘導して、最終的に記者クラブさえオープンにすればいい、後はまあなるようになるっしょ、という宣言をしてるようにも思えてきます。

上の方もおっしゃってるように、なんで、記者クラブ制度を廃止し、現状を変えようとしてる鳩山さんの問題になるんですかね? 初回失敗したから? そもそも120年以上続いたタブー中のタブーである官僚制度を変えようとしてるのに、それはないんでは?

いずれにせよ、問題が問題だけにもっと丁寧な掘り下げた論説を期待しています。貴殿のジャーナリストとしての質が問われています。

September 17, 2009

投稿者 匿名 

ガバナンスの問題ですか。
献金問題、論文問題で少しは意識の切り替えをしていると思いましたが・・・・。
今はこの革命的改革の中心人物としてしゃれにならないくらい忙しいのでしょう。
だからこそのガバナンスなのですが、そこは前途は多難ですが鳩山総理大臣がやる気に満ち溢れている間(そのような活力が感じられる間)は必ず軌道修正してくれるものと思います。
万が一既得権益に埋もれそうなときはまたこのように間髪入れず報道してほしいと期待しております。

September 17, 2009

投稿者 匿名 

神保さん、ご苦労様です。
今回の件、鳩山内閣のガバナンスの問題とのこと、大変興味深い展開になってきましたね。
それにしても、政権発足直後にこのような問題点が明らかにされることによって、今後の政権運営のありかた等、見直しを考える良い機会を鳩山首相に提供できたことは、単に記者クラブ問題にとどまらず、今後の鳩山政権に対して大変大きな貢献をされたことは間違いないと思います。
まさしくいつも神保さんがいつもおっしゃっている「政治に参加して、有権者が政権を育てていく」ということを神保さん自らが身をもって教えてくれていることに大変敬意を表しているものです。
私も何かできないかと思って、とりあえず民主党や官邸に抗議のメールをメールを送ってみました。なにもしないで傍観者でいるよりは少しはましでしょうか?(汗)
早く一人前の市民になりたいです(笑)
とにかく、今後の展開、良い方向で動くことを心より願っています。がんばれー神保さん!

September 17, 2009

投稿者 匿名 

THE JOURNALも含め、この問題に対する反応が面白いですね。
私の見たところコメントしている人をざっくり分類すると、

○記者クラブの問題点を認識していて、だからこそ始めが肝心!という主張の人(私はどちらかと言うとこの立場)
○記者クラブの問題点を認識しているが、政権の安定化を優先し時間をかけて解決すべしという主張の人
○記者クラブ問題の論点をあまり把握しておらず、純粋にセキュリティなど個別の心配をしている人
○問題提起に正面から反論するのではなく、意図的に頓珍漢な論点にすり替えている人(当事者?)
○この問題がどうこうというより単に民主党が好きな人
○この問題がどうこうというより単に民主党が嫌いな人

といったところでしょうか。もちろん何の根拠もなく私の直感にすぎませんが(笑)
面白いのはこの問題について「現状の記者クラブ制度でなんら問題ない」と主張する人で「へへ~」とうならせる論客が皆無だということです。
まあ、後ろ暗いからこそ議論そのものを避けてきたのでしょうけど、もう土俵際まで追い詰められている感じはしますねえ。

September 17, 2009

投稿者 匿名 

これまで民主党は記者クラブから相手にされなかったため、記者クラブ以外のメディアとオープンな形で記者会見を行ってきました。いつも通りにやっていれば良かっただけの事なので、100日も必要ないでしょう。これは明らかに民主党の落ち度です。初日からいきなり、とぼけた顔して公約違反する民主党にはがっかりしました。

September 17, 2009

投稿者 匿名 

 「フルオープン・公平性」という理念、それを評価すればこそ応援したのであって、反故にされれば批判に転じるのは当然だ。ジャーナリストとしても当たり前の対応といえる。

 「共鳴できる理念を掲げたのがたまたま民主党だったから応援した→しかし裏切られた→ここはひとまずどこに問題があったのか見据えたい」という姿勢に対して、「見苦しい」などとは反応が幼稚すぎる。あきれる。肩入れしたら血盟でも結んだことになるのか。一生民主党シンパでおれと?こういう思考回路が日本の民度を低くする。

 神保さん頑張ってください。いや、頑張りましょう。

September 17, 2009

投稿者 匿名 

 ジョン・F・ケネディが、暗殺される前に行った有名なスピーチがあります。彼は、新聞ジャーナリスト達を前にして、「旧弊で閉鎖的な社会の闇を暴き、政府の過ちを追及し、徹底的に使命を果たし、国民に正しい知識を与え、民主主義を啓蒙してほしい」と、彼らを鼓舞しました。このスピーチが、原因となって暗殺されたのではないかという人もいます。

 単に、神保さん達が、記者会見に入れる入れないという問題を越えて、今回の選択は、民主党が、真の民主主義を実践していくのか?それとも、表面民主主義を装った官僚内閣制護持に走るのか?という分かれ道のような気がします。

 私は、民主党に期待しているのでは、ありません。自分が民主党を育てられるかもしれない可能性に対して期待しています。昨日から今日にかけて、様々な方面へメールを打ちました。これは、もう私にとっては戦いです。神保さんも、そうしたお気持ちで奔走されているんだと思います。がんばって下さい!私も、自分の出来ることをがんばります!!

September 17, 2009

投稿者 匿名 

民主党に抗議のメールを送っておきました!

September 17, 2009

投稿者 匿名 

真面目にコメントいたします。今回の件のわたくしの意見ではとりあえずネットの中では、この件の分析はして、とりあえず鳩山総理との対話を続けるべきだと思います。
まず今回民主党が勝利したのはマスゴミのおかげだと思います。自民党が小泉以来失敗したのはマスゴミを味方につけなかったからだと思います。ネットは物事の詳細な部分を考えることには役に立ちますが、国民(市民ではなく)を扇動するのにはまだまだ影響力があるとは言えないと思います。
最近、民主党に関するスキャンダルが出たのは民主党に対するマスゴミの脅迫ではないかと思います。こちらに不利益なことをすればこうなるぞというようなメッセージではないかと。
官僚や業界団体に対峙するにはまず、国民(市民ではなく)をマスゴミを使うことが必要だと判断したのではないかと思います。
当然、民主党の理想のためにネットの力は必要です。ただ今のところ、ネットで正しく情報を得るためには「嘘を嘘と見抜ける力」が必要ですし、これから先があるメディアだと思います。工作員を動員すればメディアよりも簡単に情報操作るとかいろいろ問題のありますから。
とりあえず、マスゴミにメスを入れるのは1番最期だと思います。それは何か問題が発生して、こうなると仕方ないですね、のような決定的なきっかけないと無理だと思います。
ネットには権力があるぞ、みたいな考え方ではなくネットらしい冷静な分析と熱心なロビングを続けて欲しいと思います。
特に新しい意見ではないと思いますが書かせていただきました。 
 ビデオニュースにいつも素晴らしい番組を作っていただき感謝しております

September 17, 2009

投稿者 匿名 

この件は完全に民主党のミスだと思います。
重大な公約違反とみなしてかまわないのではないでしょうか?

故意であれ、なんらかの手違いであれ「実現する」と言い切ったことが実現しなかったのです。
これで責任を転嫁など認められません。
民主党の言うことは信用できない、そう思っていけない理由は何一つありません。

比例で入れた一票返せ!と言いたいです。

September 17, 2009

投稿者 匿名 

まともなジャーナリズムを育むためには、
記者クラブの開放は当たり前のことだと思います。
民主党は官僚機構の改革と同様に、既得権化している大手マスコミの改革も思い切ってやるべきです。


大手マスコミから民主党へ「オレ達を敵に回したら痛い目にあうよ」ってなかんじで圧力がかけられているとも考えられますが、それでも民主党政権は国民の意思で誕生した政権なので、思い切って改革を断行してもらいたいです。


神保さん、大変でしょうが頑張ってください!
応援しています!

September 17, 2009

投稿者 匿名 

「宮台さんのコメントにはガッカリ」とコメントした者です。タローと申します。


>あと宮台さんのアレは、宮台さん流の焚きつけだと思う。


なるほど。そういう側面もあるんですかね。
よくわかります。私も宮台さんに対してそういう気持ちでコメントした部分がありますから。
正直に言います。「宮台さんのアレ」に対し私はとても不快に感じ、意見させていただきました。
私が求めているのは、それに対し宮台さんはどう思うか?間違いだと思っているのか、正当性を主張するのか、それを聴きたいのです。
宮台さんに答える責任があるかどうかなんてわかりません。でも、政治家に対してだけ説明責任を云々言うのはあまりフェアじゃないと思っています。

村上龍さんが、東国原知事の出馬問題に対して、「地方分権だけじゃないんだよ」っていっていましたが、私は宮台さんに、「記者会見開放」問題だけじゃないんだよって思った訳です。
「始めが肝心!」なのはわかります。それにしても酷い、と思ったんですよ。

私は民主党を支持していますよ。でも、ただ民主党の成功を願っている訳ではありません。厳しい目も持つつもりです、当たり前ですけど。

今、生まれて初めて、民主主義を肌で感じているのです。そんでもって、一緒に社会づくりに参加していこうと、バカだけどがんばりたいと思っているのですよ。

宮台さん!神保さん!できれば意見聞かせてください。正直な…

忙しいなら別にいいですけど。


【記者会見をオープンにするのは簡単なことですよ】のところでも下記のようにコメントさせていただきました。

>記者クラブ問題のイロハのイをご存じない方にまで、この問題に興味を持っていただき…

わかりました。確かにそうですよね。
個人的な感情ですが、1つ言えることがあります。
全てを支持している訳ではありませんし、納得できない部分もあったりするのですが、鳩山さんや、民主党の議員の多くの方には、感情移入ができるんです。マスメディア側の人で言うと、例えば、町山智浩さんや町田徹さんなんかには感情移入できるんです。それが必ずしも本質的に支持できる理由ではないとは思いますが、宮台さんや神保さんには感情移入できないんです。
なぜかって、「上から目線」というのを多々感じてしまうからです。
潔く反省のできる人は応援したい気持ちになります。
論理的な解釈ばかりが目立ち、言い訳がましい人はあまり…
記者クラブ開放の問題、がんばって下さい。応援はしています。
でも、余計なお世話なら、もう応援はしません。
どうでもいいです。

September 17, 2009

投稿者 匿名 

分かってない人がいるようだけど、神保さんは製品として不完全なものを世の中に出しちゃったことについて反省や謝罪といった一般企業のやるような事はしないのって事なんだけど。
大体情報のプロであるジャーナリストが裏切られましたなどという一般人が言うことをそのままいえないでしょ。
一般人が知らない情報も持っているし、情報の精査も出来るからこそジャーナリストなわけで。
こうなることが予想できなかったのか、鳩山という人に近すぎて情報読み違えたのじゃないのかとかこちらからは思えるということ。
先ず自分が出した情報の間違いを認めることからはじめないとだめでしょ。
分析は其の後でかまわない。

September 17, 2009

投稿者 匿名 

たった1日で実現できなかったからといって、公約違反と叩くのは無茶な話だと思います。
あなた方が見てきた大手マスコミは、そんなにやわな相手では無いのでは?

September 17, 2009

投稿者 子育てパパ 

神保さんへ
私もがっかりしてしまった一人ですが
参院議員選が終わるまでこんな感じのような気がします。もうちょっと時間が必要なのかもしれません。小沢さんの記者会見で爆発させてもいいと思います。ちょっとずつクラブ解放運動をしながら民主党のお尻を叩いていきましょう。
神保さんと上杉さんには期待していますよ。

September 18, 2009

投稿者 匿名 

しかしこれほどのネタをまったく報道しないマスコミ
改めて酷いなぁ
いろいろな民主党の細かい不安点を取り上げながら、一番の公約違反を一切取り上げない滑稽さw
ここ攻撃すると視聴率上がりますよ!マスコミさんw

September 18, 2009

投稿者 視聴者K 

未開の島国日本
低民度問題の根深さ、それも政権中枢と日本を代表する大手メディアまでも蝕む程の。
いつになったら我々の国は近代化されるのでしょう。

September 18, 2009

投稿者 匿名 

神保さん初めまして。ブログ、半年程前から拝読させて頂いています。
今回の騒動は上杉さんのブログで先に知りましたが、政権交代と共にオープンな会見が実現すると私も期待していただけに、かなりショックでした・・・とりあえず民主党には昨晩率直な気持ちをメールしましたが、何とも残念です。

このまま自民党政権時と変わらないような取材制限、大手マスコミとの結託が続くようであれば、政治の透明性はいつまで経っても実現不可能ですよね。私自身100日も待てるかは分かりませんが、暫くは見守るつもりです。
と、自らに言い聞かせてます・・・

先に神保さんが言われている「官僚機構やそれに取り込まれた政治家」達の名前を知りたい方はきっと多いでしょうね。これから日本の骨格を作り直そうという時に、国政を歪めた一因である情報制度、その既得権益・利権談合を守ろうとする古い考えの議員には去って頂きたい。(その方々は記者クラブ優遇制度と心中するつもりなんでしょう。時代の流れを読めないとは、政治家の浮世離れには呆れるばかりです)

何やら駄文が長々となってしまい、失礼しました。
次にブログが更新される頃には問題が解決されているといいのですが・・・
これからも陰ながら応援させて頂きます。頑張って下さい!
ではでは。

September 18, 2009

投稿者 匿名 

官邸の記者会見は官邸が主催すればいいんです。
記者クラブが主催するから話がややこしくなる。
記者クラブなんてただの談合組織で、一般国民に何の利益ももたらさなかったし、どうでもいいんです。勝手にメモ合わせでも何でもやってればいいんです。

政権が変わったのだから今までどおりやる必要はありません。
今までどおりということは、既存の利権享受者(大マスコミ、官僚)の利になるだけです。

すべての情報がフルオープンに発信されることが、国民の最大の利益であり、これが初心者マークの民主党政権自身を守るのです。

民主党が、記者クラブの方たちのように、都合のいい記事だけ一般国民に知らせるという逆検閲みたいなことをしていたら、国民は離れていくことでしょう。

しょっぱな、新官房長官周辺の道理の解らない雑魚が、糞記者クラブの揺さぶりに悪手を指してしまったようです。
しかし、『これで終わった』などと悲観することなど無用です。ましてや、早速の失点と下劣な民主党攻撃を仕掛ける輩もおつむが軽すぎます。

肝心要の、鳩山首相、小沢幹事長、岡田外相などの
首脳陣の、『情報のフルオープンは必然』との考えは変わらないのですから、徐々に(もしかしていきなり)『世界の常識』状態に改革されると考えます。

September 18, 2009

投稿者 匿名 

 なるほど。
 反省は、ずっとされてるんじゃないの。甘さがあったなと。このブログ上でも無念さがにじんでるよ。
 でも謝罪って必要なのかな。製品のたとえで言うなら、神保さんが紹介した製品は「理念」であって、「民主党」ではない。民主党を応援したのはそれがたまたま唯一の売り場だったからだよ。ちょっと雰囲気の怪しい売り場ではあったわけだけど。いずれにせよ買う側としては参考にさせてもらうだけのこと。別の、もっとしっかりした売り場から同じ製品が出てたんなら、そこから買う、それまでの話だ。
 紹介と応援、参考。そこになんで責任が発生するの?謝罪を要求する心理って、よくわからんよ。

September 18, 2009

投稿者 匿名 

確かに、謝れはおかしいですね。

民主党の公約を列挙して解説した本を出したら、民主党がその公約を破った。そうしたら、公約を紹介した人に謝れと。

これは単なる八つ当たりか、そいつが単なる馬鹿かの、どっちかじゃないの。

September 18, 2009

投稿者 匿名 

いや違うのか、これって単に、「誤報やらかしたんだから謝罪広告出せ」っつってるようなもんか。
ええええ…。「こうなることが予想できなかった」から?「情報読み違え」たから?
力量不足を反省せよ的な話だったらわかるけど、「恥知らず」だの「謝罪」だのって…。やっぱりよくわからない。

September 18, 2009

投稿者 視聴者K 

謝罪しろ的批判は真面目に反応するのがおかしいくらい低次元でしょう。
大体民主党99政策本のコンセプトは、まず民主党がINDEXやマニフェストでやると言ってきた政策を列挙し、もしやらなかった場合にそれを追及する材料にしてやるぞ、というのがその大きな柱の一つだったでしょう。
ちゃんと読んでないか、まともに理解できないくらいレベルが低いのか。
まあそもそも読んでないとしても的外れな批判としか言いようがないわけだけれども。

September 18, 2009

投稿者 shige 

・自公政権時よりどう「官邸の記者会見」は変わったか
・官邸側がこれについて何らかのコメントを出すor出さないという対応をとったか(誰かコメントを求めたか?)
ここら辺がないと「内閣」の問題としては語り難いですね。

個人的には、スムーズに開放されるよりこういう摩擦があった方が、問題が一般に浸透しやすくて民主党的には得策な気はします。
既存メディアへ批判的な人たちは勿論、そうでない人でもこの問題を知り、話の流れとして「開放すべき」という意見に傾く人が多くなれば、民主党も開放しやすくなりますし、抵抗勢力も対抗策をとりにくくなるでしょう。

こういう言い方をしては失礼ですが、メディアが玉石混交であるように(或いはそれ以上に)、フリーにした場合の入場者は色んな立場の人が増えるでしょう。
「官邸が開放された」というニュースがない状態で(メディアが完全開放された場合に素直に報道するか疑問)、そういう人たちの入場や、ただその場にいたというだけの人からの誤った(捻じ曲げられた)発信が増え、それが「今まで通り選ばれたメディアからの精選された情報だ」という判断がくだされたり定着する可能性があった場合、私はそちらの方が怖いと思います。

ようは「たかがブンヤ風情・記者風情の言う事なんだから」という視点にまで戻れれば良いんですが。

September 18, 2009

投稿者 涼子 

謝罪とは笑止千万。ばかばかしい。

今回公約違反が行われたことを私たちが知ることができたているのは、神保さんたちがそれが公約であることを繰り返し報じてきたからです。

神保さんもあの本を、公約違反を批判できるようになるために書いたと言っていますよね。

September 20, 2009

コメントしてください

サイン・インを確認しました、 . さん。コメントしてください。 (サイン・アウト)

(いままで、ここでコメントしたとがないときは、コメントを表示する前にこのウェブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)


情報を登録する?



rss 人気ブログランキングへ
神保哲生のTwitterへ
ビデオニュース・ドットコム
マル激!メールマガジン
沖縄の真実、ヤマトの欺瞞 米軍基地と日本外交の軛

RECENT ENTRIES

 10/06 安倍政権はそろそろいい加減にせんか

 02/07 人質の命を救うことを最優先しなければならない 身代金に関する4つの誤謬 ー アダム・ドルニック教授

 12/18 早くも見えてきた特定秘密保護法の「牙」

 09/12 検察は本当にまともな捜査をやったのか

 09/10 TBSラジオで往年の名スタンドオフ松尾雄治さんと、ラグビーW杯特集をやりました

 09/10 東京FMの番組で小出先生と冷温停止について話をしました

 09/01 ヒストリーチャンネルに出演します

 05/19 緊急シンポジウム「原発報道を考える〜メディアは真実を伝えているのか」

 04/30 5金スペシャル・原子力のこれまでとこれからを問う

 04/26 これはジャーナリズムの生き残りをかけた戦いだ
――普通の産業として通用するメディアへ脱皮せよ――

 04/24 「原発は安い」は本当か

 04/17 なぜ「専門家」は信用できないのか

 04/15 Nuclear Crisis in Japan - Tetsuo Jimbo

 04/11 CNN Japanese Journalist Entered Radiation Zone

 04/11 CNN Japanese Journalist Entered Radiation Zone

 04/11 CNN Japanese Journalist Entered Radiation Zone

 04/11 CNN Japanese Journalist Entered Radiation Zone

 04/11 CNN Japanese Journalist Entered Radiation Zone

 04/11 CNN Japanese Journalist Entered Radiation Zone

 04/11 CNN Japanese Journalist Entered Radiation Zone

LINKS

About this site

jimbo.tv はビデオジャーナリスト神保哲生が運営する神保個人のオフィシャルサイトです。
引用、転載などに関する情報は以下を参照してください。
SITE RULES
また、本ブログにお寄せいただいたコメントは、神保が執筆する著作やコラムなどに紹介や引用させていただく場合があります。あらかじめご了承下さい。

rss
Powered by MovableType
ビジネスブログ