ジーコの「テレビ局がそれを望んでいる以上仕方がない」発言の意味は?

このエントリーを含むはてなブックマーク

 ワールドカップ、クロアチア戦の直後の共同インタビューでジーコが、「2試合連続で炎天下での試合になったのは、日本にとっては厳しい条件となった。しかし、テレビがそれを望んでいる以上仕方がない。」と語っていましたが、なぜか日本の通訳(テレビ朝日)はその部分だけ訳しませんでした。
 通訳がアドリブでそんな判断をするのも大したものだと思って感心しましたが、他の部分は丁寧に訳していたので、あの部分だけはテレビ局にとっては何らの理由で訳したくない理由があったのでしょう。
 ところで、どなたか、ワールドカップの試合時間がどのように決められているかご存知ありませんか。ジーコの言う「テレビ局がそれを望んでいる以上仕方がない」のセリフはどう理解すればいいのでしょうか。
 体力的に劣っている日本が、テレビ局の商業上の都合で昼の時間帯の試合をさせられているとすれば、「あの頑張れ日本!」のパフォーマンスは一体なんだって事になると思ったので、ジーコ発言の真意をぜひ知りたいと思いました。よもや、日本のテレビのゴールデンの時間帯に合わせるために、早い方の時間帯を希望したなんてことは無いとは思いますが・・・。
 恐らく、日本に限らず世界の主要メディアがその時間帯の放送を望んだことを指しているのだと推察しましたが(アメリカでもアジアでもヨーロッパでも、深夜や早朝の辺鄙な時間帯にぶつからないようにするためには、恐らくあの時間帯が一番都合がいいのでしょう)、私はワールドカップは守備範囲外なので、どなたか、試合時間の決定方法などをご存知の方がいれば、ぜひ教えてください。また、ジーコのあのセリフの意味をどう解釈すべきかご存知の方がおられましたら、ぜひご教示下さい。

June 19, 2006



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.jimbo.tv/mt4/mt-tb.cgi/277


やはりか from miracleさんのミラクルな日常
「がんばれニッポン」とかのたまう資格ねえよ。こいつら。 日本ががんばれば何時になっても見るから。 いい加減いつまでも視聴者を馬鹿扱いするな。

June 19, 2006


旧体制メディア vs インターネット from bitdreamの日記
私はサッカーには余り興味を持っていません。 ですが、このところW杯がらみで記事が多く、いくつかはついつい読みました。 その中に、今回(オーストラリア戦、...

June 20, 2006


大人の都合〜ワールドカップ、試合開始時刻は誰が決める?!〜 from MyPersonalLinks+
せっかくのクロアチア戦での健闘に少し希望を持った人々を大いに白けさせるこの話題。。。 ■Technobahn - 【株式銘柄】電通が軟調、一部メディアが...

June 20, 2006


ワールドカップ:テレビ局が2試合連続炎天下を望んだ from Cozy's 東京スナップ
日本チームは外国のチームとの体格差を豊富な運動量とスピードでカバーする。そのため猛暑の中での試合は日本選手の体力奪い、運動量を減らし、結果的に日本チームの...

June 20, 2006


猛暑ドイッツェ。 from 残像プログレッシヴ
熱狂的なサッカーファン、と云う訳でも無いが、スポーツ観戦は好きなのでサッカーW杯のTV中継は見るし、勿論日本代表を応援している。 スポーツ用品量販店の店...

June 21, 2006


節目理論的には、叩き3戦目物色逃れブラジル戦こそが最大の勝機の魂 from 競馬の予備校(・皿・)y━&大人の笑学校
神保哲生氏が指摘している のだが、日本の対豪州戦、対クロアチア戦の時間帯は商業主義的な思惑によってあの時間帯になったそうですね。どうりで。ブラジルだけ...

June 21, 2006


W杯のおかげでテレビが売れました!? from あるエンジニアな日記
大きなスポーツイベントなので当たり前といえばそれまでだが、サッカーのW杯のおかげ...

June 22, 2006


でも電通ならあり得るかもと思えてしまう不思議。 from いとあはれなり
電通が軟調、一部メディアがテレビ局の都合で試合時間が決定されたと報道 【テクノバーン】(6/19 12:43)電通 (4324) が一時、前日比600...

June 28, 2006

コメント

投稿者 SHINJI LONDON 

あんまり詳しくないんですけど…すいません。
確かに第一(シード国)、三ポッド(ヨーロッパ)のチームがドイツの夜の時間帯で行われるケースは多いみたいです。
最近の大会まではリーグ戦一日二試合だったのが今大会一日三試合行われており、お昼の三時からスタートの試合をやらざるおえないようです。
だから日本のような第二、四はお昼のあっついときにやらなければいけないようです(テレビ局もそちらのほうがいいのでしょうが)。

基本的にフットボールはヨーロッパ時間で動いています。ここ最近シーズン日程が過密になっており、またW杯スタート前の休暇週間(全フットボーラーが休む←ヨーロッパ有利)が加わり、一日三試合やらなきゃいけなくなったのかなぁなんて思います。…推測なんですいません。
短期集中で盛り上げるつもりなんでしょうが、三試合見るのは辛いです…。

アメリカ大会のとき、ヨーロッパ時間に合わせるため、ほとんどの試合をお昼に行い、有力ヨーロッパチームは散っていきました…。このときと前日韓大会の怨念が生きています。

なんか…すいません。

June 19, 2006

投稿者 ryo_zin http://d.hatena.ne.jp/ryo_zin/

ここ数年のFIFAに関わる広告代理店筋の動きを見ると面白いと思います。
(football世界の中心、“FIFAとUEFA”はIOC何かよりずっと拝金指向ですから。)
前々回1998仏大会~2002年日韓大会までの間にFIFAとお付き合いがあった中堅規模位の広告代理店は、スポーツ放映権料の高騰に値を上げ、倒産してしまいました。
中に浮いた放映権や広告代理店業務を纏め上げ、世界規模のfootballビジネスの中枢に日本の広告代理店D通が踊り出ることになりました。

ということで、
>ジーコの言う「テレビ局がそれを望んでいる以上仕方がない」の
>セリフはどう理解すればいいのでしょうか。
> 体力的に劣っている日本が、テレビ局の商業上の都合で
>昼の時間帯の試合をさせられているとすれば、
>「あの頑張れ日本!」のパフォーマンスは一体なんだって事になると思ったので、
>ジーコ発言の真意をぜひ知りたいと思いました。
>よもや、日本のテレビのゴールデンの時間帯に合わせるために、
>早い方の時間帯を希望したなんてことは無いとは思いますが・・・。
あながち、この辺りの想像は「否定できないな」というのが自分の考えです。

June 19, 2006

投稿者 dropdb 

はじめまして。
このあたりとかどうでしょう?


W杯 クロアチア対日本 0-0 日本苦戦の戦犯は電通か?
http://iori3.cocolog-nifty.com/tenkannichijo/2006/06/w00_7fb9.html

June 19, 2006

投稿者 Yotashi 

試合の時間帯をどうするかは、選手のコンディションうんぬんより、マーケティング的な要因が大きいと思います。
それより、大会前からその試合時間は決まっていたわけだし、気候ぐらい予測がつくでしょう。それを見越してみんな準備しているわけです。南半球(初冬)から来たチームの方がよっぽど不利じゃないかと思うのは私だけでしょうか。

June 19, 2006

投稿者 knori 

>「2試合連続で炎天下での試合になったのは、日本にとっては厳しい条件となった。・・・・」

という台詞のまえに、ジーコ監督は「炎天下では日本代表の良さがだせない」と言っていました。良さとは「速いプレス速いパス」。選手はそのためにピッチを駆け回ります。日本代表は「体力がある」といわれることが多いと思います。

June 19, 2006

投稿者 ivica 

 今回のW杯はアルファベット順にグループAから試合が行われています。しかしグループFの日本vsオーストラリアだけグループEを追い越す形で現地15時にキックオフとなっていました。本来の順番なら現地21時、日本時間早朝4時キックオフとなるはずですが・・・。明らかに不自然でした。
 今回はジーコがこのような日程を望んだ日本サッカー協会を批判しましたが、ジーコは4年間協会の意に沿うように大変メディアに好意的でした。例として常に試合前日までに先発メンバーを発表していましたし、練習はほとんど完全公開だったと思います。
 日頃から川渕キャプテンは何でもメディアに公開するジーコのこのような姿勢を賞賛していましたが、とても勝負にこだわるチームの姿勢とは思えません。ジーコは勝ちたいのでしょうが残念ながら「良い人」なので・・・。
 「がんばれ日本」ではじまり「感動をありがとう」で終わる“お祭り”W杯。結果がどうなろうと儲ける人(メディア、サッカー協会、スポンサー、電通)は充分に儲けることができるシステムが完成していると思います。また、このシステムを守るため協会はメディアの意向をできるだけ大切にし、メディアは協会、代表チーム、監督の批判を控えているのだと思います。

June 19, 2006

投稿者 ガモ 

http://germany2006.nikkansports.com/japan/jp051210-0068.html

テレビ放送のため、ということです。
しかし電通・テレビ局側も、ドイツの6月に30度近くまで気温が上がるとは思ってなかったのではないでしょうか。まあ、思っていてもこの時間に変えたかもしれませんが。

June 19, 2006

投稿者 shin 

初めまして。
残念ながらジーコの発言通りの事情だと思います。
アジア市場が無視できなくなっているあらわれかと。

中国人選手が出場するイングランドのプレミアシップ
でも、中国の視聴時間に合わせて午前中に試合を
したことがありました。
その時はサポーター達がパジャマ姿で観戦する
ユーモラスな抗議をして話題になっていました。

June 19, 2006

投稿者 ROKI 

BBCではジーコのコメントがきちんと引用されていました。
http://news.bbc.co.uk/sport2/hi/football/world_cup_2006/teams/japan/5044540.stm
日本でまったく報道されないのは報道統制としか言えないと思います。
ビデオニュースの丸激トークオンディマンドで宮台さんの言う”祭り”にもこんな力が働いていては先行きが暗いですね。
是非丸激でも扱う機会があればコメントお願いします。


June 20, 2006

投稿者 ROKI 

さらに書けばワールドカップで午後三時からの試合が二試合あるのは日本とトーゴだけのようです。
しかし、この問題は日本のサッカー協会から選手にお金が入っていることを考え合わせると、協会から選手まで発展してしまう可能性もありますよね。
そこのお金の流れがどのようになっているかどなたかにご教授いただければと思います。

June 20, 2006

投稿者 SHINJI LONDON 

ドロー後に時間決定があるんですね!知りませんでした…恥ずかしい…俺。

陰謀だとかそういうことはよくわからないんですけど、一応98年フランス大会のことを。

試合数は火~木が2試合。金~月が3試合行われていたようです。

1次リーグA組ブラジルから始まってB組、C組とくるんですが、フランスが21時からやりたいらしく、14:30にD組パラグアイ-ブルガリアがやってきます。
D:パラグアイ-ブルガリア       14:30
C:サウジアラビア-デンマーク     17:30
C:フランス-南アフリカ         21:00

次の日は14:30D組スペイン-ナイジェリアではじまり、次はE組でした。

次の日、本来ならばF組がきそうなものですが、なぜかH組アルゼンチン-日本が14:30(日曜・日本時間21:30)に始まります。そしてF組ユーゴスラビア-イランをはさみ、H組ジャマイカ-クロアチアになります。
H:アルゼンチン-日本       14:30
F:ユーゴスラビア-イラン      17:30
H:ジャマイカ-クロアチア      21:00

その後FGABCDと基本的にはいくのですが…E組ではなくH組日本-クロアチアだけがなぜかやってきます。
そして普通にE組が行われます。この日は土曜日です。
H:日本-クロアチア        14:30
E:ベルギー-メキシコ       17:30
E:オランダ-韓国         21:00

次の日、F組の間にH組アルゼンチン-ジャマイカが入ります。
F:ドイツ-ユーゴスラビア     14:30
H:アルゼンチン-ジャマイカ    17:30
F:アメリカ-イラン         21:00

その後は第3戦はB組A組、C組D組、E組F組と続き、H組G組となります。
日本-ジャマイカは16:00に開始(金曜日・日本時間23:00)。
H:日本-ジャマイカ         16:00
H:アルゼンチン-クロアチア    16:00

G:ルーマニア-チュニジア     21:00
G:コロンビア-イングランド     21:00

うーんなんか、日本がからむと日程が歪になるような、ならないような…
結局、日本は日、土、金曜のお昼に戦っていることになります。週末の見れる時間に戦わせることに成功したことを褒めるべきか…日中に戦わなければいけないことを恨むべきか…

強豪国は予選なんか平日でもいいから、とりあえず夜の試合を!って感じなんですかね…。

もし日本が次のワールドカップでれるとしたら、メキシコとあたりそうな気がします。なんか日程動かしやすそう…動かせるとしたらですよ!

あとジーコジャパンが負けたのは、もっと根本的なことが問題です。

June 20, 2006

コメントしてください

サイン・インを確認しました、 . さん。コメントしてください。 (サイン・アウト)

(いままで、ここでコメントしたとがないときは、コメントを表示する前にこのウェブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)


情報を登録する?



rss 人気ブログランキングへ
神保哲生のTwitterへ
ビデオニュース・ドットコム
マル激!メールマガジン
沖縄の真実、ヤマトの欺瞞 米軍基地と日本外交の軛

RECENT ENTRIES

 10/06 安倍政権はそろそろいい加減にせんか

 02/07 人質の命を救うことを最優先しなければならない 身代金に関する4つの誤謬 ー アダム・ドルニック教授

 12/18 早くも見えてきた特定秘密保護法の「牙」

 09/12 検察は本当にまともな捜査をやったのか

 09/10 TBSラジオで往年の名スタンドオフ松尾雄治さんと、ラグビーW杯特集をやりました

 09/10 東京FMの番組で小出先生と冷温停止について話をしました

 09/01 ヒストリーチャンネルに出演します

 05/19 緊急シンポジウム「原発報道を考える〜メディアは真実を伝えているのか」

 04/30 5金スペシャル・原子力のこれまでとこれからを問う

 04/26 これはジャーナリズムの生き残りをかけた戦いだ
――普通の産業として通用するメディアへ脱皮せよ――

 04/24 「原発は安い」は本当か

 04/17 なぜ「専門家」は信用できないのか

 04/15 Nuclear Crisis in Japan - Tetsuo Jimbo

 04/11 CNN Japanese Journalist Entered Radiation Zone

 04/11 CNN Japanese Journalist Entered Radiation Zone

 04/11 CNN Japanese Journalist Entered Radiation Zone

 04/11 CNN Japanese Journalist Entered Radiation Zone

 04/11 CNN Japanese Journalist Entered Radiation Zone

 04/11 CNN Japanese Journalist Entered Radiation Zone

 04/11 CNN Japanese Journalist Entered Radiation Zone

LINKS

About this site

jimbo.tv はビデオジャーナリスト神保哲生が運営する神保個人のオフィシャルサイトです。
引用、転載などに関する情報は以下を参照してください。
SITE RULES
また、本ブログにお寄せいただいたコメントは、神保が執筆する著作やコラムなどに紹介や引用させていただく場合があります。あらかじめご了承下さい。

rss
Powered by MovableType
ビジネスブログ