ミートリックス2

このエントリーを含むはてなブックマーク

面白いけど笑えない画像が知り合いから送られてきました。
ぜひ皆さんで楽しんでください。

http://www.themeatrix2.com/
http://www.themeatrix.com/

We are very excited to announce the release of the Meatrix 2: Revolting!
This spoof of the Matrix movies details the horrors of dairy factory farms,
through the adventures of Leo the pig and Moopheus the cow. Entertaining,
adventurous, and informative, this short animated film by our partner
organization Sustainable Table is worth watching. Check out
http://www.themeatrix2.com

~Audrey Hill
food@fwwatch.org
Food & Water Watch

そういえば、こんなのもありました。
http://www.mcvideogame.com/

THE MEATRIX II: REVOLTING 
GOES LIVE, BRINGS MESSAGE: 
THINK
TWICE ABOUT THE DAIRY YOU BUY

[NEW YORK, NY] ― The Meatrix II: Revolting went live today at
www.themeatrix2.com , bringing an important message to food buyers
nationwide ― manure and deceit might just lurk beneath the packaging of
dairy products in your shopping cart. The cliffhanger sequel to the
award-winning Meatrix movie takes on another facet of the factory farm
industry, exposing the ugly truth behind factory dairy farms. The film’s
companion site includes The Meatrix 360 Interactive, an animated
educational tool with more than 20 hot buttons linking to resource pages
that offer in-depth information about factory farm issues.

“The Meatrix II: Revolting takes the Meatrix campaign to the next level,”
stated Diane Hatz, executive producer of the film. “We’re not only
educating consumers about factory farming and offering them a solution
through our Eat Well Guide, we’re also building a sustainable community
through the online discussion forum and ‘get involved’ section found on
our new Meatrix web site.”

The three characters, Moopheus, Leo, and Chickity, embark on a new
adventure when Leo is taken to a factory dairy farm. On his trip, he learns
firsthand the ugly truth about how the animals are raised, what they eat,
the hormones and antibiotics they are injected with, and their unsanitary
living conditions. The trio finds that these dairy factories create
enormous amounts of waste that pollute the surrounding land, water and air.

“Large-scale, unsustainable dairy operations are increasing in number,
pushing out the smaller, sustainable farms,” said Hatz. “Consumers have a
right to know how their food is produced, and they have a right to make the
healthiest choice for themselves and their families.”
Watch and uncover the illusion ― learn more at www.themeatrix2.com.

March 31, 2006



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.jimbo.tv/mt4/mt-tb.cgi/258


羊の炎症乳腺に異常プリオン ”牛の炎症部位”は大丈夫? from BSE&食と感染症 つぶやきブログ
■羊の炎症乳腺に異常プリオン ”牛の炎症部位”は大丈夫? 私がいつも勉強させていただいている農業情報研究所さんのサイトに、日本で全然報道されないネイチャー論文...

April 8, 2006

コメント

投稿者 タク庵 

とりあえずMacDonaldのゲームやってみました。

森林を破壊して牛を放牧し、その牛を$マークで潰していくあたり、面白くて笑っちゃいました(ひきつりながら、、、)。

しかし私はゲーム音痴のせいか、屠畜場に牛を供給する方法がわからず、おかげで店舗へのバーガー供給が滞って、膨大な赤字でゲームオーバー(^○^;;; Shame On You! と罵られました(^○^恥;;

しかし、グローバル企業、ファストフードの代名詞とはいえ、実名と実ロゴ入りでMacDonaldを痛烈にパロったゲームを作れるというあたり、さすがアメリカというか、アメリカ社会の健全さを感じます。

日本で同じことをやったら、日本マクドナルド株式会社殿より、名誉(^○^;毀損あるいは威力(^○^;業務妨害で訴えられた上、テレビも新聞もどこも応援してくれないという淋しい憂き目にあうのではないでしょうか。。。

どんなに「民主主義」といっても、大手銀行様の看板が下半分しか映らない状況が続く限り、日本社会はまともにはなりゃしません。

April 2, 2006

投稿者 stuckman 

第1話は日本語字幕付きもありますね。
http://www.themeatrix.com/intl/japanese/
以前丸激をネオに例えた視聴者のコメントがありましたが、情報操作された世界のメタファーとして、このテーマとマトリクスの組み合わせはどんぴしゃですね。アニメも面白かったです。
神保さんが紹介していたFood-Disparagement Law(食品悪評禁止法)に引っかからないのか心配になりますが、賛否の分かれる学説の話などじゃなくて事実を語っているに過ぎないといいうことで大丈夫なんでしょうか。

このサイト製作者がどういう人たちなのかとても気になります。
消費者グループか小規模牧場経営者の組合か何かが金を出して作ったんでしょうか。つまりアメリカにはこうした側にも金とノウハウがそれなりに集まるということなんでしょうか。
それとも金や仕組みの問題ではなく、たまたま義憤にかられたアニメ製作者がいて、格安の制作費かあるいはボランティアで作ったんでしょうか。やはりこれは、マイケル・ムーア等が出てくるようなアメリカの健全性の現れということで、日本に比べて強い公共的な意識を持った一般人や表現者がアンダーグラウンドにそれなりにいるということなんでしょうか。

あとこのサイトはどちらかというと、RBGH(遺伝子操作ホルモン)をより問題視していますね。
日本ではBSEに比べてRBGHがあまり問題視されてませんが、それでいいのか気になっていたところです。EUが輸入禁止にしているくらいの大問題なので

April 4, 2006

投稿者 タク庵 

アメリカが健全というより、やはり日本がこの面では相当にビョーキなんだと思います。資本主義の社会でも、企業名を出すことにこれほど「縛り」のかかっている国が他にあるのか疑問です。もちろん、法律などがあるわけでなく、すべてメディアの自己規制で「大手銀行」とか「大手ハンバーガーチェーン」などと言っているわけでしょう。それが個人にもはねかえって、まるで公共の場では企業名を出してはいけないかのような、おかしな感覚を生んでいます。

以前、アメリカの英語教材を見ていて、IBMとか、GMとか実名が普通にでてくるのを見て驚いたことがあります。考えてみれば、固有名詞というのは、その文化の中の存在感でいえば普通名詞と特に変わるわけではありません。ビジネス英語とまでいわずとも、その国でメジャーな実在企業名を正しく知るというのは必要なことでもあるでしょう。しかし日本製の教材では必ず「三友商事」とか、「四菱電気」とか、実在しない(少なくとも大企業ではない)名前が使われるます。町をあるけばこれだけ企業名があふれている国で、一般的文脈で企業名を出すことがタブーとされるというのはとても奇妙です。

最近テレビを見ていると、あちこちボヤけているのに気がつきます。主婦の台所を訪問する番組で、流しの一部にチラチラとボカしがはいったと思うと、そこに洗剤がおいてあるんです。あるいは、ゴミの取材で、捨ててあるドリンクの缶がボケている。飲料メーカーのイメージが崩れないように、配慮されているのですね。パソコンは、モニタのメーカー名などが出ないよう画面大写し。趣味のデジカメ講座では、Canonのロゴにテープかなにか貼ってありました。宣伝や中傷が目的でない画像で、そこまで気を使わねばならないというのは、異様というほかありません。

見る側としては不快というか滑稽というか、最高裁チャタレー判決になぞらえていえば、企業名を見るといたずらに情欲を刺激、興奮せしめられる人々が、この国には多いのかなと、思ったところでどうなるわけでもありません(ーー;;;;

April 6, 2006

コメントしてください

サイン・インを確認しました、 . さん。コメントしてください。 (サイン・アウト)

(いままで、ここでコメントしたとがないときは、コメントを表示する前にこのウェブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)


情報を登録する?



rss 人気ブログランキングへ
神保哲生のTwitterへ
ビデオニュース・ドットコム
マル激!メールマガジン
沖縄の真実、ヤマトの欺瞞 米軍基地と日本外交の軛

RECENT ENTRIES

 10/06 安倍政権はそろそろいい加減にせんか

 02/07 人質の命を救うことを最優先しなければならない 身代金に関する4つの誤謬 ー アダム・ドルニック教授

 12/18 早くも見えてきた特定秘密保護法の「牙」

 09/12 検察は本当にまともな捜査をやったのか

 09/10 TBSラジオで往年の名スタンドオフ松尾雄治さんと、ラグビーW杯特集をやりました

 09/10 東京FMの番組で小出先生と冷温停止について話をしました

 09/01 ヒストリーチャンネルに出演します

 05/19 緊急シンポジウム「原発報道を考える〜メディアは真実を伝えているのか」

 04/30 5金スペシャル・原子力のこれまでとこれからを問う

 04/26 これはジャーナリズムの生き残りをかけた戦いだ
――普通の産業として通用するメディアへ脱皮せよ――

 04/24 「原発は安い」は本当か

 04/17 なぜ「専門家」は信用できないのか

 04/15 Nuclear Crisis in Japan - Tetsuo Jimbo

 04/11 CNN Japanese Journalist Entered Radiation Zone

 04/11 CNN Japanese Journalist Entered Radiation Zone

 04/11 CNN Japanese Journalist Entered Radiation Zone

 04/11 CNN Japanese Journalist Entered Radiation Zone

 04/11 CNN Japanese Journalist Entered Radiation Zone

 04/11 CNN Japanese Journalist Entered Radiation Zone

 04/11 CNN Japanese Journalist Entered Radiation Zone

LINKS

About this site

jimbo.tv はビデオジャーナリスト神保哲生が運営する神保個人のオフィシャルサイトです。
引用、転載などに関する情報は以下を参照してください。
SITE RULES
また、本ブログにお寄せいただいたコメントは、神保が執筆する著作やコラムなどに紹介や引用させていただく場合があります。あらかじめご了承下さい。

rss
Powered by MovableType
ビジネスブログ